レクサス「ES」風に武装したダイハツ「ミラ・イース(Mira e:S)」が登場!更に右奥には本物のレクサス「IS F」という奇跡のコラボも

~何とも個性的で新たなボディスタイルを持つレクサス「ES」?が現れた~

国内某所にて、レクサスのミドルサイズセダン「LEXUS ES300」のバッジを貼付した謎のAセグメントコンパクトカーが登場(元々はトヨタ「ウィンダム」の兄弟車種でしたが、現在は「カムリ」)。

おそらく、ダイハツ「ミラ・イース(Mira e:s)」のイース(e:S)とレクサス「ES(イーエス)」を掛けた自己満足(カスタム)モデルだと思いますが、個人的に結構ツボになってる一台なのでご紹介(画像を提供頂いたH様には心より感謝申し上げます!)。

スポンサーリンク

~実は元のモデルはダイハツのOEMモデルだったり~

ただ、よ~く見てみるとリヤエンドのハイブリッドバッジや車格を見てみるとダイハツ「ミラ・イース」ベースのOEMモデルとなるトヨタ「ピクシス・エポック(Toyota Pixis Epoch)」だと思われ、敢えてこうした紛らわしいカスタムを施しただけなのかもしれませんね(オーナーの本来の意図はわかりませんが…)。

あと、この写真で一つ奇跡的であると感じたことと言えば、写真の右側にレクサスのハイパフォーマンスモデル「IS F」が映っているということで、こうしたレクサスのダブルコラボ?が実現できるとのも中々にツボ。
レクサスのダミーモデルと本物のレクサスが並ぶというのは、意外に見たことが無かったので、結構貴重なショットではないかと思いますね。

こちらは別の角度から撮影されたダイハツ「ES300」。
さすがにフロントデザインを撮影した画像はなさそうですが、フロントグリルもレクサスのアイデンティティであるスピンドルグリルを採用していたら、オーナーは相当なレクサス好きなんだろうなぁ思いますね。

~レクサス風に改造されたモデルで一番多いのは?~

ちなみにレクサスバッジを貼付したり、スピンドルグリルを移植したモデルで圧倒的に多いのがトヨタ「プリウス」と言われていて、次いで「ハリアー/86(ハチロク)」もたまに見かけたりしますが、皆さんそれだけレクサスというブランドやデザイン性が非常に好みなのかもしれませんね。

☆★☆レクサス関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう