フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のホイールデザインはこうなる?新たな開発車両とインテリアも一部キャッチ

2019-09-03

~久々に新型「フィット4」の開発車両が登場~

さて、いよいよ来月10月23日より開催される東京モーターショー2019にて、フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のハイブリッドモデルが先行にて発表され、その後11月末にガソリンモデルが発表、そして同日にて両モデルが発売スタートする計画となっています。

そんな中、最終調整に向けてなのか新たに「フィット4」の開発車両が目撃さています。
今回は久々にルーフレールが装着されていないハッチバック(MPV)タイプのモデルで、相変わらずカモフラージュは分厚めではありますが、これまで当ブログにて展開してきた情報の通りのデザインとなっています。

まずはフロントエンドですが、グリルレスの非常にシンプル且つ滑らかデザインとなり、フロントヘッドライトも「フィット2」を思い出させるような単眼のLEDプロジェクタ式、そしてU字型のシームレスなLEDデイタイムランニングライトを採用しています。
フロントインテーク部分については、恐らく輝度の関係でフォグランプが挿入されていないのでは?と考えていますが、この辺りは実車を見てみないとわからないところ。

スポンサーリンク

~インテリアは見るからにフラットさが伝わってくるレイアウトに~

こちらはサイドから見たスタイリング。
少し傾斜がきつそうなAピラーから流れるような滑らかなルーフラインを描いています。
足もとには4穴式の15インチタイプと思われるブラックペイント処理(恐らく開発車両用にペイント)されたホイールを装着。

そしてインテリアもほんの少しだけ確認ができるかと思いますが、新型ではダッシュボード上部がフルフラットになり、更にはダッシュボードのバイザーが無くなった水平基調へと大胆に変更されることがわかっています。

また、運転席メータについても7インチフルTFT液晶メータが全グレード標準装備されるとのことなので、このあたりの先進性の進化も大きなポイントだと思います。

今回の開発車両では確認できませんが、ナビゲーションディスプレイは最大9インチまで搭載可能になり、以前の記事でもお伝えしたエアコンの遠隔操作や緊急通報サービスを提供する「コネクティッド・サービス」との連携も可能になるそうです。

リヤプロファイルはこんな感じ。
今回の画像では確認できませんが、マフラは右側に下向きでインストールされる形になりそうです(ダミーマフラが装着されるかもしれませんが)。

~ホイールデザインが異なるクロスオーバータイプも登場~

ちなみにこちらはクロスオーバータイプの「フィット4・クロスター」。
フロントバンパーやフェンダーモールにブラックプラスチックが使用されるため、先ほどのハッチバック(MPV)タイプに比べてフェンダーが少しコンモリしていることがわかるかと思います。

また足元のホイールも16インチが装着されると記憶していますが、ホイールデザインも先ほどとは大きく異なり、ダイナミックなデュアル5スポークアルミホイールが装着されるかもしれませんね。

なお、フロントエンドにはメッキバーのようなものがカモフラージュされた形で装着されていますが、ハッチバックとクロスターではフロントデザインは大きく変わらないとは聞いているものの、改めて開発車両で見てみると、もしかするとデザイン性については若干の変更が入るのかもしれません(あくまで画像を見ただけでの推測ですが)。

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motortrend

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう