スズキ「ハスラー」だけでなく新型「ジムニー」にも対抗するの?ダイハツ新型コンセプト「WakuWaku(ワクワク)」が登場前から迷走している件

~発表前からダイハツのコンセプトモデルに暗雲が?~

いよいよ10月23日より開催される東京モーターショー2019プレスデーにて、ダイハツが「つどい」をテーマにした最新コンセプトモデル「WakuWaku(ワクワク)」を世界初公開するとのことですが、このモデルが早くも迷走状態にあると話題に。

今回発表される「WakuWaku」は、”遊びの世界を広げる軽クロスオーバー”ということで、アウトドアにも十分適した一台であるとのことから、競合モデルにはスズキ「ハスラー/スペーシア・ギア」や三菱「eKクロス」がピックアップされていたのですが、その一方で積載性と利便性というポイントでは、リヤドアやルーフがシリンダ式でオープンするということで、こういったところはスズキ新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」を競合視しているのではないかとの見方があるようです(参照:Carview!)。

スポンサーリンク

~新型「ロッキー」の登場も控えている中で注目される一台かは正直微妙~

ただ、あくまでも新型「ジムニー」と競合するポイントは積載性というところだけなので、それ以外の足廻りについては、四輪駆動になるのか前輪駆動になるのかも一切判明しておらず、デザイン性はオフロード志向に合った武骨さはあるものの、それでもクロカンモデルとして謳おうとするには無理がありますし、何よりも”軽クロスオーバー”と説明している以上は敢えて競合は「ハスラー/eKクロス」辺りで留めておいた方が良いのではないか?というのが正直なところ。

ダイハツはこのモデルを通して、恐らく上記の競合モデルが強みとしているポイントの良いとこ取りをしたのが「WakuWaku」だと言いたいのだと思いますが、そもそもこのモデルが将来的に市販化されるのかも明確になっていないことを考えると、その注目度はどうなのか?というのは疑問に残るところですね。

今のところ、ダイハツは11月5日に発表する新型コンパクトSUV「ロッキー」を発表する予定だそうで(ダイハツ・ディーラの担当者曰く)、コンセプトモデルよりも「ロッキー」もしくはトヨタへのOEMモデル「ライズ」に注目が集まるのではないかと予測しており、コンセプトモデルの注目度が薄れる恐れも十分にありそうですね。

またその他にも、3列6人乗りのコンパクトミニバン「WaiWai(ワイワイ)」というコンセプトモデルも発表するそうで、これについては以前当ブログでも取り上げた通り、ホンダ新型「フリード」やマルチ・スズキ「エルティガ/XL6」を競合とし将来的に市販化を見据えたモデルとなるかもしれませんね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお、こちらもトップルーフの前後がオープンするタイプになっているようで、室内の開放感はもちろんのこと、サイズ感も非常にコンパクトな一台になるとのことです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:DAIHATSU

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう