ゴリゴリ感が半端ない!トヨタ新型「ハイラックスGRGコンセプト」が世界初公開!オフロード&スポーティを極めし究極のピックアップトラックだ【動画有】

~トヨタは今にノリにノッているのかもしれない~

先日開催された東京オートサロン2020にて、トヨタの大人気ピックアップトラックモデル新型「ハイラックス(Toyota Hilux)」をベースにした、ハイパフォーマンスオフロード仕様の「ハイラックスGRGコンセプト(Hilux GRG Concept)」が世界初公開されました。

今回発表されている個体は、GR専用パーツを装着することでダカールラリーを想起させるような過激さと、強烈なブラックのアクセントによりスポーティさとスタイリッシュさを上手くマッチさせた一台に仕上げられています。

ただ、現時点では市販化に関する情報が展開されていないものの、既にブラジル市場では「ハイラックスGRスポーツ」の量産モデルが発表されているので、もしかすると日本市場での市販化の可能性も十分にありえるかもしれませんね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回もプレビュー動画を参考にさせていただくのは、自動車系ユーチューバーであるroom My hobbyさん。
新鮮なネタを最速で提供することをモットーに、常にアンテナを張って最新情報をどこよりも早く更新するトレンド型の見本でもありますね(room My hobbyさんには心より感謝)。

スポンサーリンク

~新型「ハイラックスGRGコンセプト」の外観はこうなっている~

それでは早速新型「ハイラックスGRGコンセプト」を見ていきましょう。
フロントマスクはかなりダイナミック。
フロントフードはブラックに塗装され(CFRPではない)、フロントエンドのメッシュグリルはブラックペイント処理&フレームもマットブラック?仕上げで非常に引き締まった表情に変化しています。

少し角度を変えてみましょう。
フロントフォグランプ周りはレッドのディテールアクセントを追加。そこまでレッドを主張しない控えめな感じが良いですね。

こちらはサイドビュー。
フロント・リヤフェンダーはABS樹脂のプロテクタパーツを使用。
更にフロントフェンダーではなく、フロントドア部分にGRバッジを貼付していますね。これはおそらくサイドミラー直下に配置するものだと予想されます。

ドアハンドルはブラックのアクセントに変更。
更にGRデザインともいえるブラックとレッドのサイドデカールもダイナミックに貼付していますね。これもシンプルにカッコいい。

足元にはオフロード感を強調させる高い扁平率を持つ大口径タイヤを装着。
ブレーキキャリパはシンプルにシルバー塗装となっていますが、個人的にはレッドにペイント処理するのもアリだとは思いますね(アルミホイールもブラック塗装なのでなおさら)。

こちらはリヤプロファイル。
ダカールラリーを想起させるようなスポンサー風ステッカーなども貼付され、非情にワクワクさせるようなスポーティさ。

リヤエンドもかなりワイドですね。

~インテリアはシンプルながらもラリーを意識した本気仕様~

こちらはインテリア。
かなりシンプルなオールブラックで、シートなどは合成皮革と予想されるもカラードステッチはレッドで良いアクセントを持たせています(さりげなく左ハンドル仕様)。

こちらはセンターコンソール周り。
手引き式のサイドブレーキはオフロード感とラリーをコンセプトにしたモデルだからだと思われますが、こういったアナログな感じが多くの「ハイラックス」ファンを沸かせるのではないかと思いますね。

【トヨタ ハイラックス GRG コンセプト 実車見てきたよ☆専用パーツでダカールラリーを彷彿とさせる!TOYOTA HILUX GRG CONCEPT】

東京オートサロン2020の出展詳細はこちらにてまとめております。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう