2020年モデル・フォルクスワーゲン新型「CC(アルテオンのシューティングブレーク版)」が中国メディアによって完全リーク。2020年上半期に中国専売モデルとして登場予定

~まさかの「アルテオン・シューティングブレーク」は中国専売モデルに~

以前より噂されていたフォルクスワーゲン「アルテオン(Volkswagen Arteon)」のシューティングブレークモデルについてですが、遂に中国メディアが発表前のモデルを完全リークしました。

中国メディアの情報によると、今回中国の長春工場の組立てラインにて撮影された個体は「CCトラベル・エディション(CC Travel Edition)」と呼ばれるそうで、中国の合弁企業であるFAWとの共同開発により誕生し、中国専売モデルとして2020年上半期を目標に市販化される予定となっています。

スポンサーリンク

~スタイリングは申し分ないが、デザインは廉価版を意識してかチープに~

早速今回リークされた画像をチェックしていくと、そのボディスタイルはシューティングブレーク風の滑らかさがありながらも、ルーフからリヤハッチにかけての流線型を描くスタイルはどことなくファストバックっぽくも見えますね。

またフロントバンパーについても、現行の5ドアセダンモデル「アルテオン」から若干の変更が施され、特にフロントインテーク周りのフレームがシルバーフレーム(おそらくプラスチック)のアクセントに変更されてアクティブに変化しながらもチープ感は強調されているように感じますね。

ちなみにこちらが5ドアセダンモデルの「アルテオン」。

こちらはリヤプロファイル。
シューティングブレークというよりも、SUVテイストを意味するかのようなルーフレールが装着されていますね。トラベル・エディションと呼ばれるだけあって、長距離移動やアウトドアスタイルをイメージしたモデルなのかもしれません。

そしてバックエンドについては、傾斜したテールゲートが印象的で、ルーフスポイラーや傾斜しているDピラー、そして多くのブーツスペースを確保しています。
リヤロアバンパーは、中国人が非常に好みそうなメッキ加飾に仕上がっているのもポイント。

そしてこちらが5ドアセダン「アルテオン」のリヤプロファイル。

~エンジンは大きく2種類ながらも、グレードとしては3種類に分けられる?~

気になるパワートレインについてですが、中国メディアによれば排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンがベースになるそうですが、上位グレードには排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンが搭載され、最高出力186ps/220ps、最大トルク320Nm/350Nmの2パターンがラインナップされるそうです。
一方でトランスミッションは7速DCTで、駆動方式は四輪駆動(AWD)のみを搭載されるとのことです。

☆★☆「アルテオン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう