スズキ公式が公認した新型「ジムニー・シエラ」ベースのピックアップトラック(ジムトラ)は相当に人気が高いようだ。早くもホワイトカラーのジムトラも登場!

~やっぱり「ジムトラ」はホワイトが一番シックリ来るかもしれない~

先日ニュージーランドのスズキ・ディーラーが、新型「ジムニー・シエラ(Suzuki Jimny Sierra)」をベースにしたピックアップトラックのコンバージョンパッケージを装着した「ジムニー・ユート(Jimny UTE)」を正式に発売したことを明らかにしましたが、早くもディーラーからはピュアパールホワイトのボディカラーに身をまとったピックアップトラックを公開しています。

スポンサーリンク

~「ジムニー・トラック」を求めた農家含む新規顧客も多そう~

前回はジャングルグリーンに身をまとったピックアップトラック仕様が公開され、架装メーカーによって準備されたフラットデッキがホワイトのみだったので、「色の組み合わせ的にどうなん?」というのが正直なところでした。

ですが、この辺りはニュージーランド・スズキとしてもある程度の統一感を持たせたスマートなモデルを演出したかった可能性もあり、こうしたピュアホワイトパールの個体も準備していた可能性が高そう。
既に現地ユーザーからの注目度も高いとのことですが、フラットデッキのボディ同色化の要望は多くなってくるのではないか?と予想しており、いずれは改良型が登場することが期待されています。

改めて今回のコンバージョンパッケージを装着したモデルを見ていきましょう。
ベースとなるモデルは、日本仕様でいえばJLに相当するハロゲンヘッドライトと鉄チンホイールを装着したベースグレードになりますが、ハイビームアシスタンスやデュアルセンサーブレーキサポートを標準装備し、パワートレインは排気量1.5L 直列4気筒エンジン(最高出力102ps/最大トルク130Nm)と変わらず。
トランスミッションは、どうやら手元をガチャガチャさせる5速MTのみをラインナップするそうで、4速ATの設定は無いようです。

フラットデッキのエンドには、”Jimny UTE WEIGHT”と表記されたロゴがありますね。

「ジムニー・シエラ」本来のゴツゴツした箱形スタイルに、外付けの過激なオーバーフェンダーという組み合わせは非常に好みなのですが、ニュージーランドでは「ジムニー・トラック(ジムトラ)」の需要も相当に高いようで、どうしても「ジムニー」をベースにしたピックアップでなければならないという声も多かったのでしょうね。

ちなみに保証の面については、スズキ公式が認定していることもあってか、納車されてから36か月もしくは100,000km保証を付けているとのことで、このあたりの対応は非常にありがたいところです。
ボディ剛性などについては従来に比べてどの程度変化したのかはわからないものの、ボディオンフレーム構造になっているため、ベースとなるプラットフォームは何も変更されていないとのことです(この辺りは「ジムニー」のめちゃくちゃ強い要素だと思う)。

☆★☆「ジムニー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう