フルモデルチェンジ版・日産の新型ノートが2020年12月23日に発表・発売へ。昨今の諸事情による影響でスケジュールがズレ込んでいるようだ

経営状況の厳しい日産が、新型ノートの販売を中止せずに販売時期をズラしたという努力は凄い

昨今の諸事情による影響で販売時期がズレるのは正直仕方のないことですし、むしろこういった苦しい状況でも発売中止などせずに小規模レベルの時期ズラしで収めているところはさすがだと思います。

既に現行ノートも販売・受注を終了しているため、次期ノートに向けて着々と準備を進めていくのではないかと思う一方、既存顧客含め新規の顧客もかなり期待しているモデルだと思いますからね。

新型ノートは、トヨタ新型ヤリス(Toyota New Yaris)やホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)を競合モデルとしたコンパクトハッチバックとなりますが、自動車情報誌マガジンXさんなどの情報では5ナンバーモデルではなく、3ナンバーモデルとして登場する可能性が高いとのことから、この時点で同じ土俵に立てるか微妙なところにあります。


新型ノートはe-POWERのみをラインナップする?

そしてこれは前回のブログでもお話した通りなのですが、自動車情報誌マガジンXさんの情報によれば、レンタカー事業やフリート向けに準備されていたガソリンモデルの販売需要は年々低下しているとのことから、恐らくはハイブリッドシステムe-POWERに集約されるのでは?とのこと。

そう考えるとガソリンモデルに関しては、既に安全性能向上を実施している一部改良版・新型マーチ(New March)が引き継いでいるため、新型ノートはe-POWERグレードのみに抑えられるのも何となく納得はできますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ただし、最も懸念されるのはコンパクトハッチバックでありながらも3ナンバー化&e-POWERのみということであれば、一番マイナスに働くのが価格帯で、現行モデルのe-POWERでも2,059,200円~2,812,700円となるため、ここから安全装備の充実化やプラットフォームの変更と改良、パワートレインの改良、電動パーキングブレーキ+オートブレーキホールドの標準化などを考えると、最低でも+10万円アップは考えられるので、そう考えると最上位グレードでも300万円近くになる可能性は十分に考えられるかもしれませんね。

☆★☆新型ノート関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう