フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの開発車両がまたまた目撃に!リヤテールランプ一新…そしてトレッド幅も拡大でかなりワイドボディに?

2020-09-13

もはや現行ヴェゼルとは似ても似つかない全く新しいデザインに?

先日、首都高速道路・大黒ふ頭PAなどにて、2021年5月頃に発表・発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)と思われる開発車両が目撃されていましたが、今度は後ろからスパイショットされた開発車両が目撃されています(画像を提供いただけたT様には感謝!)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

早速新型ヴェゼルと思われる開発車両を見ていくと、まず真っ先に注目するのがリヤテールランプデザイン。

恐らくフルLED化されたものと思われますが、そのテール形状はシャープでワイドながらも、どこかトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ハリアー(Toyota New Harrier)をイメージさせるような一文字風に。

新型ハリアーのテール形状はこんな感じ

こちらが新型ハリアーのリヤテールランプ。

こちらはもう少しシャープで一文字風にまとめていますが、恐らく新型ヴェゼルのほうがリヤウィンカーも集約させている関係上、若干”フ”の字に近いテール形状になっているのかもしれません。

今回の目撃された新型ヴェゼルの開発車両で色々と見えてくる新たなポイントや、フロントグリルに隠されたパターンなど、気になる内容は次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう