フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの開発車両がまたも目撃に。そのサイズ感はトヨタ新型RAV4並み?現行ヴェゼルの面影がほとんど無いぞ…

見た目はホンダ車というよりもボルボなどの欧州車のような雰囲気だが

改めて新型ヴェゼルと思われる開発車両を見ていくと、フロントマスクの重厚感は思った以上に強く、正直ミドルサイズSUVからフルサイズSUVと見間違えるほどのワイド感もありますし、何よりもフロントヘッドライトデザインはまるっきり別物。

デザインベースとしては新型インサイト(New Insight)のようにも見え、LEDデイタイムランニングライトは上部に設けることでアグレッシブさを演出。

そしてその直下にはLEDフロントヘッドライトを設けているのだと思いますが、単眼になるのか、それとも二眼以上になるのかはわからないものの、かなりコンパクトなLEDを搭載することは間違いなさそう。


ホンダは今後ハニカムグリルをデザイン言語として統一?

そしてフロントグリルは六角形のハニカムグリルを採用していますが、これは以前当ブログでもお伝えした通り、ビッグマイナーチェンジ版・新型オデッセイ(New Odyssey)やフルモデルチェンジ版・新型N-ONEと同じグリル形状にまとめてくるものと予想されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

但し、現時点ではグリルパターンさえもカモフラージュされているので、メッキとなるのかブラックペイントとなるのか、それとも全く別のパターンとなるかは今後の開発車両やリーク画像にて明らかになってくると思われます。

あとはフロントフード形状もかなりフラットで、エンジンルーム内もかなり広々としてそうな予感がしますが、さすがにエンジンの排気量をアップすることも考えにくいので、これまで通り排気量1.5L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたe:HEVシステムや、ターボモデルがラインナップされると予想されます。

サイズ感がアップすれば、新型ヴェゼルの購入層はガラリと変わる可能性も?

そしてこちらは以前、東京都台東区一丁目にてスパイショットされた新型ヴェゼルと思われる開発車両のリヤデザイン。

シャープでワイド感のあるリヤテールランプと、重厚感のあるリヤバンパー、そしてトレッド幅をさらに広げることでツライチ近くまで外に張り出したタイヤ・アルミホイールなど、今回のフルモデルチェンジはかなり大掛かりになると思う一方、もしもトヨタ新型RAV4並みのサイズ感にアップするようであれば、購入層も更に絞られてくるのではないかと思われます。

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう