マイナーチェンジ版・レクサス新型LSが欧州市場でもデビュー!圧倒的な存在感と内外装ながらもメルセデスベンツ新型Sクラスに対抗できるか?【動画有】

そろそろマイナーチェンジ版・レクサス新型LSも発売間近

日本市場でも2020年11月19日に発表・発売予定となっているマイナーチェンジ版・レクサス新型LSですが、この度欧州市場でもようやくその姿が公開されました。

アメリカ市場同様、欧州市場向けでも最新の設計と技術、そして今までに無いような日本の伝統を活用したオーナメントパネルなどを採用することで、ドイツ御三家(アウディ/メルセデスベンツ/BMW)と大きく差別化した”和”の雰囲気とおもてなしを持つフラッグシップセダンとなります。

もちろんレクサスのグレード展開としては、スタンダードグレードとアグレッシブでスポーティなF SPORTの2種類に分けられ、更には排気量3.5L V型6気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムのLS500hや、排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載するLS500の2種類をラインナップします。

但し、ガソリンモデルのLS500に関しては西欧州と中央欧州だけにラインナップされるとのことで、それ以外の東/南/北欧州に関しては排ガス規制の絡みで販売できないそうです。

日本市場以外にて販売される新型LSの内外装はどうなっている?日本市場向けのグレード別価格帯もおさらいも兼ねて以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう