ダイハツ新型ロッキーの海外版?謎の開発車両がインドネシアにて目撃され、トヨタ・ライズの海外版も同時に発売する?との噂も

最強のAセグメントSUV2台がいよいよ海外に進出?

日本市場において圧倒的な人気を得ているAセグメントSUVのトヨタ新型ライズ(Toyota New RAIZE)/ダイハツ新型ロッキー(Daihatsu New Rocky)ですが、遂にこれらのモデルが海外でも販売される可能性が高く、既に開発車両もインドネシアにてスパイショットされています。

今回目撃されている開発車両は、ダイハツ・ロッキーをインドネシア市場向けに改良した専売モデルとのことですが、ボディ全体にはホワイトのカモフラージュラッピングが施され、リヤテールランプが一部確認できる状態となっています(シャークフィンアンテナまでカモフラージュする必要があるかは不明ですが…)。

リヤテールランプのデザインを見ていくと、スクエア型に近いものの水平基調でワイド感を持たせたテールランプになる可能性が高く、リヤロアバンパーやリヤフェンダーの張り出しを見る限りでは、恐らくSUV感を強調させる素地ブラックのプロテクターパーツを装着する可能性が高いと考えられます。


プラットフォームはインドネシア市場では初のDNGAを採用

こちらは少し角度を変えてのスパイショット。

足もとのアルミホイールはブラックペイントにてカモフラージュされているものの、シングルスポークタイプと非常にシンプルでサイズも15インチ~16インチとそこそこ大きく、しかもタイヤの扁平率も結構低めでスポーティな印象を受けますね。

フューエルリッドは左後ろのフェンダー付近に設けられていることから、プラットフォームも日本製と同じDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を流用するものと思われ、国産車ならではとなる高剛性で静粛性を高めた高品質なAセグメントSUVとして導入されることが期待されます(しかもインドネシア市場ではDNGAを搭載したモデルは初)。

パワートレインは日本市場向けと同じながらも、7人乗り仕様も登場するとの噂も?

全長はおそらく4,000mm未満で非常にコンパクトな5ナンバーサイズSUVになると思われますが、噂によると7人乗り仕様のロッキー/ライズが登場する?といった情報もあるそうですが、これについてはまだまだ不明なところ。

パワートレインは、日本市場向け同様に排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力98ps/最大トルク140Nmを発揮すると予想されます。

なお今回は、インドネシアにて開発車両がスパイショットされていますが、海外市場向けにも拡大するのであれば、インド市場向けとしても販売される可能性も高く、そうなると2020年10月21日に世界初公開予定の日産・新型マグナイト(Nissan New Magnite)や、何れ市販化予定のホンダ新型ZR-VといったBセグメントSUVとも直接的な競合になるのではないかと思います。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Autonetmagz.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう