日産の新型ノート・オーラに関する最新情報公開!発売は2021年3月24日予定、車体サイズは大きくなり3ナンバー化、そしてあの豪華オプションも!

2020-12-12

早速新型ノート・オーラに関する最新情報をチェックしていこう

①:ボディサイズが5ナンバーから3ナンバー化へ

そしてここからが新型ノート・オーラに関する新情報となりますが、まず大きな変更点としては、全幅1,695mmの5ナンバーサイズ→全幅1,700mm超えの3ナンバーサイズに変更されます。

これについては、セレナのようにサイドフィニッシャーを設けてのサイズ感になるのか、それともホンダ新型フィット4クロスター(Honda New FIT4 CROSSTAR)のようにフェンダーを設けることで車幅を広くするのかは不明ですが、この点の変化は地味に大きいと思います。

あとエクステリアデザインについては、新型ノートe-POWERをベースに加飾が入るぐらいで、そこまで大きな違いはないとのこと。


②:ノート・オーラ専用17インチアルミホイールを採用

そして足元のアルミホイールサイズについてですが、スタンダードモデルはグレードによって15インチ~16インチのフルホイールカバーが標準装備で、(抱き合わせの)メーカーオプションにて16インチアルミホイール装着可、カスタム仕様の新型ノート・オーテックでは16インチアルミホイールが標準装備でしたが、新型ノート・オーラでは17インチアルミホイールが設定されるとのこと。

但し、この17インチアルミホイールが標準装備なのかメーカーオプションなのかは明確ではありませんが、スタンダードグレードの主要装備内容を考えると、もしかすると標準装備が16インチアルミホイールなのかもしれませんね。

③:メーター類が拡大され更に先進的に?

そしてこの内容が一番注目されるのではないかと思いますが、何とインフォテイメントシステムが7インチ+5インチのデジタル&LCDメーターという組み合わせではなくなり、更にディスプレイが拡大されるとのこと。

新型ノートe-POWERのメーター類は、フレームベゼルに対して下側にオフセットされていますが、ノート・オーラは更に拡大する可能性が高く、それこそ新型ローグ(エクストレイル)のような12.3インチフルデジタル液晶メーターをイメージしたものになるかもしれませんね。

こちらが新型ローグの12.3インチフルデジタル液晶メーター。

これぐらい更に先進的にしてくれたら、国産コンパクトカーのトヨタ新型ヤリスやホンダ新型フィット4が競合ではなく、完全に輸入コンパクトカーが競合の対象になってくるでしょうね。

④:オーナメントパネルは木目調を採用

続いてダッシュボードのオーナメントパネルですが、新型ノートe-POWERではピアノブラック加飾、ノート・オーテックでは木目調が採用されていますが、ノート・オーラでも木目調が使用されるとのことで、これによってプレミアム感を演出するとのこと。

⑤:BOSEプレミアムサウンドシステムがメーカーオプションに追加!

そしてこれも忘れてはいけません。

遂にプレミアムコンパクトの特権ともいえるBOSEプレミアムオーディオシステムがメーカーオプションとして設定されるとのこと。

BOSEプレミアムオーディオシステムと言えば、新型ジューク(New Juke)/ローグの上位グレードのみオプション扱いとなっているもので、高い音質はもちろんのこと、運転席のヘッドレストサイドに設けられるのも注目したい所。

臨場感あふれる音楽を新型ノートにて体感できるのは凄いことですし、間違いなく抱き合わせオプションにて超高額設定にしてくるでしょね。

新型ノート・オーラの発売日はいつ?

そして最後は気になる発売日ですが、新型ノート・オーラの発売日は2021年3月24日を予定していて、恐らく四輪駆動モデルとオーテックの発売日となる2021年2月19日には、見積もりなどが取得できるかもしれませんね。

▽▼▽新型ノート・オーラの最新情報はコチラ!▽▼▽

【ニッサン 新型 ノート eパワー 実車見てきたよ☆新型プロパイロット搭載でコンパクトカー部門再加熱間違いなし!NISSAN NEW NOTE e-POWER inside&outside】

新型ノートに関する最新情報はコチラ!

☆★☆新型ノート関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう