フルモデルチェンジ版・日産の新型ノートe-POWERの試乗動画続々!やはり他メディアもフィット/ヤリスは”古きモデル”と表現…そしてキックスは共喰いの恐れ?【動画有】

新型ノートe-POWERは見た目だけでなく走りも圧倒的だった

さてさて、2020年12月23日に発売予定となっている日産のフルモデルチェンジ版・新型ノートe-POWER(Nissa New Note)ですが、続々とカーメディア向け試乗会の動画が公開されています。

先日はLOVECARS!TV!の河口まなぶ氏が世界最高速で試乗動画を公開していましたが、その際には競合モデルと言われるトヨタ新型ヤリス(Toyota New Yaris)やホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)を置き去りにし、日本のコンパクトカーでは圧倒的優勝と自信をもってコメントするほどでした。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回driver channelにて公開されている新型ノートe-POWERの試乗動画においても、(プロモーションは含めているにしても…)終始べた褒めするほど。

やはり国産コンパクトモデルの中で後発モデルとして誕生した以上、他の競合と同等レベルで仕上げるつもりもなく、元CEOであるゴーン氏が日産を去った今、日産を代表するモデルとして徹底的にコストをかけて作り上げた日産の自信作であることが伝わってきます。


今回試乗を担当するのはレーシングドライバーの木下隆之 氏

まずは試乗動画の前に、モータージャーナリスト兼レーシングドライバーの木下隆之 氏が軽く内外装インプレッションを行っていきますが、乗っていきなり先代E12型とは全く異なる先進性と高級感を持たせていて、雰囲気ある車内であることをアピール。

上質さは見た目だけでなく、実際に触れた感じも含めてのインプレッションとなり、例えばステアリング上に設けられた多機能スイッチも、フルモデルチェンジ版・新型ローグ(日本名:エクストレイル)からの流用になるため、タッチ感覚や押した感触も非常に良さげと表現。

もしかするとプレミアムコンパクトだけでなく、車格を超えた上質さを持たせているのかもしれません。

後席のホイールベースは20mmショートしているものの、それでも競合のコンパクトカーに比べてもそん色なく、足もとのスペースや天井もそこまで窮屈には感じていない様子。

しかもリクライニングもできるという代物。

コンパクトカーでリクライニングができるのは非常に珍しく、新型フィット4でも2段階調整が可能ですが、それでもここまでリラックスできるモデルはそうそうないのではないかと思います。

ただし非常に残念なポイントも

リヤデザインも見ていきますが、やはりリヤエンドは日産エンブレムではなく、新型アリア(New Ariya)同様にロゴを採用してきたのは素晴らしいところ。

ただそれ以上に残念に思うのが上の赤丸にあるリヤガーニッシュが一文字で直結ではなく、なぜか分割されているという謎。

木下隆之 氏も触れていますが、なぜここを分割にしてしまったのかは明らかにされておらず、「せっかくのデザインが勿体ない」とコメントするほど。

雨や洗車したあとの水たまりなどが気になりますし、ふき取りが至らずに月日が経ってからのノリのような付着も気になるところです。

肝心の新型ノートe-POWERの試乗インプレッションはどうだ?その乗り味や加速、遮音性などは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう