日産の新型ノート・オーラの開発車両がまたまたスパイショット!しかも後続には2021年2月19日発売予定のノートe-POWER(4WD)も走ってた件【動画有】

しかも新型ノート・オーラとノートe-POWERのブレーキランプの比較もできる貴重なスパイショット

2021年3月24日に発表・発売予定となっている日産の3ナンバー&プレミアムハッチバックの新型ノート・オーラ(Nissan New Note Aura)ですが、またまた神奈川県三浦市向ヶ崎14辺りの三叉路にてスパイショットされています(画像並びに情報提供いただき感謝申し上げます!)。

Twitter ID:@MOGUELEFF氏によって投稿された今回のスパイショット画像ですが、前方には全身カモフラージュされた新型ノート・オーラ、後続には同じテスト車両となる5ナンバーモデルの新型ノートe-POWERが追走。

しかも、後続の新型ノートe-POWERの開発車両は、2021年2月19日に発売予定の四輪駆動モデルであることが確認できますね(e-POWERバッジの下に4WDバッジがある)。


新型ノート・オーラは、リヤコンビランプのフルLED化だけでなく、リヤロアバンパーやリフレクターも変更される

また今回のスパイショットされている開発車両を見ていくと、前方の新型ノート・オーラはフルLEDのリヤコンビランプであるのに対し、後続のノートe-POWER(4WD)は豆球タイプであることが確認できるため、LEDと豆球でここまで印象が異なること、そして比較ができるというのもかなり貴重なことだと思います。

新型ノート・オーラは、テールランプがシームレスタイプのLEDになるだけでなく、リヤウィンカーもLEDの点滅式になりますし、更にリヤバンパーに装着されるリフレクターも水平基調ではなく縦型基調へと変更されます。

ウィンカーが点滅している動画もスパイショット済み

ちなみに以下の動画は、Twitter ID:@syugahiyo0716氏によって投稿されている、大黒ふ頭PAにてスパイショットされた新型ノート・オーラのリヤデザイン。

リヤテールランプやブレーキランプだけでなく、LEDウィンカーが点滅していることも確認出来ます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

何かと話題となっている新型ノート・ニスモ(Nismo)は登場する?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう