日産の新型ノート・オーラの開発車両がまたまたスパイショット!しかも後続には2021年2月19日発売予定のノートe-POWER(4WD)も走ってた件【動画有】

新型ノートNISMOが登場するとの噂が報じられているが?→日産ディーラーに取材してみた

2021年2月19日には新型ノートe-POWER(4WD)とノート・オーテック(New Note AUTECH)、同年3月24日には新型ノート・オーラが発売されますが、その一方で噂になっているのがハイパフォーマンスグレードの新型ノート・ニスモ(New Note Nismo)の存在について。

これについては、いつもお世話になっている日産ディーラーにて取材させていただいたところ、「2021年内に登場する予定はない」とのこと。

ディーラーに配信されている2021年の販売スケジュールにも表記されていないことから、「現時点で販売の予定は無い」というのが厳密な回答となりますが、もしかすると2022年以降には様々なグレード拡大に加えて、ハイパフォーマンスグレードとしてニスモが追加されるかもしれませんね。


新型ノート・ニスモの登場を望んでいるユーザーは結構多い模様

なお、日産ディーラーの担当スタッフさんによると、先代ノート・ニスモを所有しているオーナーを中心に、新型ノート・ニスモの登場を待ち望んでいる方も多いようで、ユーザーの要望次第では早期に登場するかもしれませんし、このほかにもラインナップされている新型キックスe-POWER(New Kicks)のニスモグレードの登場も期待したいところ。

価格帯としては300万円超えは確実かもしれないですが、剛性と軽量化を大幅向上させたCMF-Bプラットフォームとの相性も良いとも考えられ、ボディサイズも3ナンバーになることを考慮すると、新型ノート・オーラがベースになると推測。

ニスモの市販化はハードルが高そう

あとはカーメディアAUTOCARの既報の通り、仮にニスモを登場させるとなると、エンジンとトランスミッションを変更しなければならず、電制制御により実現できたブリッジ型センターコンソールも廃止しなければならないため、そういった莫大なコストがかかることだけは避けてくるものと予想されます(さすがに純ガソリンモデルは登場しない?)。

☆★☆新型ノート/ノート・オーラ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう