これは酷すぎる…日産の新型キックスのPRも兼ねた冬キャンプの動画が大炎上。落ち葉絨毯の上&テントの近く&車両の隣で焚火→あまりにも危険すぎると批判【動画有】

2021-02-10

誰が企画したのかは不明だが、新型キックスのPRどころか飛び火を受けてしまうほどの大惨事に

国内カーメディアcarviewとYouTubeチャンネルのマイキャンちゃんねるのコラボにて公開された、日産の新型キックスe-POWER(Nissan New Kicks)での冬キャンプ動画が大炎上しています。

今回公開されている動画では、冬の大自然の中で日産の新型キックスe-POWERの走行性能や走破性、プロパイロット(ProPilot)性能、更には乗り心地などを評価しつつ、冬のキャンプを楽しむというプロモーション動画になるはずだったのですが、とあるシーンが大々的に公開されたことで大炎上することに。

一体どのようなシーンが炎上してしまったのか?何が原因だったのかをチェックしていきましょう。


キャンプでの焚火のシーンが「あまりにも危険すぎる」と問題に

まずは山奥のキャンプ地に向かって新型キックスe-POWERにて走り抜けていきます。

この点については特に何も問題は無いのですが、問題はこの後に行われたキャンプ内容。

こちらが大問題となっているシーン。

恐らく全体的な映えも狙っての撮影だと思うのですが、新型キックスe-POWERやテントが近くに、更には落ち葉が敷き詰められた絨毯の上で焚火をする行為が「あまりにも危険すぎる」と問題となっています。

ツッコミどころは色々とありますが、大きく問題となっている3点を見ていきましょう(ちなみに落ち葉の上での駐停車も、乗降りやスリップなどの原因にもなるので注意)。

※今回の焚火は、マイキャンちゃんねる指導の下で行われているとのこと。

①:落ち葉絨毯の上での焚火は危険!

ちなみにキャンプをする際の注意事項として、落ち葉(枯れ葉)はしっかりと退かしてから焚火をしないと、火の粉などが落ち葉についてしまい大火事の原因になってしまうんですね。

これだけ焚火の真下が落ち葉だらけなので、いつ火事が起きてもおかしくない状況に(しかも冬で乾燥しているため、更に燃えやすくなっている)。

②:テントのすぐ近くでの焚火は危険!

これは落ち葉絨毯の上での焚火と同様で、焚火が風の影響などでテントに飛び火してしまい、最悪の場合テントが全焼する恐れもあります。

テントはポリエステルなどの化学繊維にて作られていることも多いため、いつ山火事が起きてもおかしくないような状況になっていますね。

③:車のすぐ近くでの焚火は危険すぎる…

最後は言うまでもなく、①~②にてトラブルが発生した場合、最後のダメ押しになるのが、クルマにも火が移ってしまい、炎上・爆発する危険性が非常に高くなってしまいます。

あまりにも危険すぎる要素が三拍子にて揃っているにも関わらず、キャンプ系YouTuberの方はその危険に気づかなかったのだろうか?と疑問に思うところ。

このキャンプを企画した方がどういった方なのかは不明ですが、一歩でも間違えたら最悪の事態を招いていたかもしれないですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

更にYouTubeのコメント欄では、焚火しながら調理していたモノに対しても指摘→また炎上する事態に…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう