フルモデルチェンジ版・ホンダ新型フィット4が納車されてもうすぐ1年が経過する。ここまで満足度と完成度の高いコンパクトカーは珍しいぞ

改めて普段使い用として新型フィット4を購入して良かったと思う

さてさて、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型フィット4(Honda New FIT4)が2020年2月14日に発売されて丁度1年が経過し、私に納車されてもうすぐ1年が経過しようとしていますが、改めてこのモデルを評価すると、満足度は非常に高く「やっぱり購入して良かった」と思えるんですね。

たまに新型フィット4のインプレッション記事を公開すると、「どれだけホンダに忖度してるんだ?」と言われたりもしますが、純粋に良いポイントや誉めたいポイントが多すぎるため、それだけマイナスポイントが少ないモデルなんです(一方でマイナスポイントを書くと、それはそれで叩かれますが…)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

実際に所有されるとわかりますが、日常使いやちょっとした遠出での不自由さはなく、むしろ「コンパクトカーでここまで上質なモデルも少ない」と思わせるほど。

他にもどういったところで満足度が高いのか、他にもちょっと気になるポイントは何があるか?などもチェックしていきたいと思います。


新型フィット4はマイルドフェイスにしてよかったと思う

まず見た目に関してですが、これは賛否色々とあるものの、競合モデルのトヨタ新型ヤリス(Toyota New Yaris)のようなエネルギッシュな顔つきではなく、だからといって日産の新型ノートe-POWER(Nissan New Note)のような先進的な印象でもなく、マイルドで丸みを帯びた親しみやすいデザインが、他のモデルにない大きな特徴だと思うんですね。

昨今はインパクトある顔つきや、個性的なデザインで勝負しないと「注目してくれない」といったこともありますが、一番の背景にはホンダというメーカーブランド、その次に「フィット」というブランドがあることで、どのようなデザインであれ多くのユーザーから注目されることは間違いないですし、恐らくデザインは二の次だと思うんですね。

そういった意味では、ホンダは先代フィット3のようなメカメカしい顔つきからキュートな顔つきへと大胆にシフトしたわけですが、この変化がユーザーを強く刺激したのだと思われ、その結果が2020年(1月度~12月度)の年間新車販売ランキング50にて、4位/98,210台という記録的な結果を残せたのだと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

この他新型フィット4の良いポイントや改良すべきポイントは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう