スペイン最強ブランド・クプラ新型フォーメンターVZ5が世界初公開!アウディRS3/RSQ3と同じ5気筒エンジン搭載で390馬力発揮のハイパフォーマンスSUV

引続き新型フォーメンターVZ5の内外装をチェックしていこう

引続きクプラ新型フォーメンターVZ5を見ていきましょう。

サイドビューはこんな感じ。

非常に伸びやかでスタイリッシュなコンパクトSUVですが、実用性とアクティブ感を演出するためにルーフレールも標準装備。

そして従来フォーメンターVZよりも、更に10mmローダウンされたワイド&ローなボディスタイルで、15段階のダンピング調整可能なアダプティブシャシーコントロール(DCC)が搭載されているのも注目ポイントです。


足もとも他社にはないオシャレ仕様

足もとの20インチ大口径アルミホイールデザインもかなり個性的でクール。

ブラックを基調としつつ、ブロンズ系(カッパーブラウン?)のアクセントが追加され、更にブレーキキャリパもブロンズ系に統一しています。

ちなみに足回りに装着されるブレーキ関連は、最近何かと話題になっているフロント6ピストンキャリパーを備える曙ブレーキ。

▽▼▽関連記事▽▼▽

リヤビューはこんな感じ。

昨今のトレンドにもなっているセンター直結式の一文字テールランプを採用し、更にリヤディフューザーはカーボンファイバ製と結構コストかかってますね。

おまけにマフラーは両サイド斜め2本出しとなるクワッドエキゾーストパイプをインストール。

リヤテールゲートには”CUPRA”のバッジが貼付され、しかもブラッククローム仕上げで一気に高級感がアップしています。

内装はシンプルながらもタイトでスポーティ

インテリアはこんな感じ。

ハイパフォーマンスブランドなりの特別な装備や派手な加飾などがあるかと思いきや、かなりシンプルで大人っぽい印象。

インパネ部分には、フローティングタイプの12インチ大型タッチスクリーンが標準装備され、AppleCarPlay/AndroidAuto、音声認識システム、カスタマイズ可能なデジタルコックピットなども設定されているそうです。

シートは非常にタイトでスポーティなナッパーレザーが設定されていますが、オプションによってはコンフォートタイプのシートも設定されるかもしれません。

この他安全装備としては、トラベルアシストやサイドアンドエグジットアシスト、エマージェンシーアシスト、アダプティブクルーズコントロールなども標準装備。

ちなみに新型フォーメンターVZ5は、7,000台のみの限定販売とのことで、価格帯については後日明らかになるとのことですが、既に先行予約は受付け中。

発売時期は2021年後半ごろを予定しているそうです。

☆★☆セアト/クプラ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう