これがフルモデルチェンジ版・ホンダ新型CR-V?開発車両ベースながらも、その見た目は新型ヴェゼルの兄貴分でオフロードチックに変化

次期CR-Vは新型ヴェゼルのような”シュッ”とした顔つきに変化するかもしれない?

2021年4月23日に発売予定のフルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、このモデルの派生車種と思われる開発車両が欧州にて初スパイショットされ大きな話題となりました。

自動車情報誌マガジンXさんは、新型ヴェゼルのオフロード版(派生版)として登場と予想している一方、海外カーメディアは2022年以降に登場予定のフルモデルチェンジ版・新型CR-Vと予想しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そしてこの開発車両をベースに、次期CR-Vはこうなる?というレンダリングが公開されているため、早速そのレンダリングをチェックしていきたいと思います。


これが2023年モデルの次期CR-V?

早速フルモデルチェンジ版・新型CR-Vの開発車両をチェックしていきましょう。

海外カーメディアmotor1.comによって作成された新型CR-Vですが、ベースは以前スパイショットされた開発車両で、フロントマスクは新型ヴェゼルに近いキープコンセプト。

しかしフロントグリルはボディ同色グリルではなく、どちらかというと新型ヴェゼルのUrban Style(アーバン・スタイル)のようなメッシュグリルを採用しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

グリルフレームレスで高級感は敢えて設けず、しかしグリル上部には新型ヴェゼルと同じ水平基調のメッキ加飾フレームを設けることで高級感を演出しています。

ボディスタイルとしては、新型ヴェゼルのようなファストバック(クーペ)SVUではなくロングルーフ仕様で、海外専売モデルのパスポート/パイロットをイメージさせるようなダイナミックボディに。

テストカーもオフロードチックな見た目で大柄、新型ヴェゼルの兄貴分にも見える

ちなみにこちらが、以前欧州のテストコースにてスパイショットされた開発車両。

非常に伸びやかなボディで、恐らく車内は3列7人乗りシートではないかと予想され、3列目の快適性も確保するために極力ルーフラインはフラットに近い印象です。

改めて完成イメージレンダリングに戻りましょう。

ちなみにフロント・リヤロアバンパーからフロント・リヤフェンダーモールは無塗装ブラックに仕上げられ、新型ヴェゼルのように艶有りブラックでシティ派SUVの印象を与えるのではなく、どちらかというとオフロード志向で力強い印象を受けます(新型ヴェゼルの兄貴分のようにも見える)。

足もとのアルミホイールも大口径でダイナミックですし、スポークデザインもオフロードっぽさを演出しています。

ちなみに新型CR-Vの発売時期は明確になっていないものの、海外カーメディアは2023年ごろに登場する予想しています。

新型CR-Vなのか、それとも新型ヴェゼルの派生車なのかはわからないものの、謎の開発車両のエクステリアを以下の次のページにて細かくチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう