【価格は524万円から?】フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300のグレード別主要装備のグレード別価格帯が完全リーク?!

新型ランドクルーザー300のグレード別主要装備や価格帯をチェックしていこう

そしてここからはいよいよ、トヨタ新型ランドクルーザー300のグレード別主要装備や価格帯をチェックしていきましょう。

①:エントリーグレードGXの主要装備

まずはエントリーグレードGXの主要装備は以下の通り。

【エントリーグレードGXの主要装備一覧】

◇エンジングレード:排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン(3列7人乗り)
◇スタビライザー:ノーマル
◇フロントディファレンシャル:ノーマル
◇リヤディファレンシャル:ノーマル/デフロック(メーカーオプション)
◇ホイールサイズ:18インチアルミホイール
◇ヘッドランプ:フルLED
◇グリル/バンパー:メッキ/ボディカラー同色
◇フロントシート:手動調整
◇リヤシート:6:4分割タイプ
◇スタリングホイール:本革ステアリング(木目オーナメントパネル無し)
◇指紋認証システム:メーカーオプション
◇ディスプレイオーディオ:9インチ標準装備(10インチはメーカーオプション)
◇リヤテールゲート:1枚ドア
◇サンルーフ:設定無し

エントリーグレードGXはこんな感じ。

エンジンは基本的にガソリンモデルのみで、3列7人乗り仕様のみ。

ヘッドランプ・リヤテールランプはフルLEDですが、ウィンカーは点滅タイプを採用しています。

あとはフロントシートが手動調整となっていますが、この点はエントリーグレードならではですが、一応全グレード・シートヒーターが標準装備されているとのこと。


②:AXグレードの主要装備

続いてはGXよりも上のグレードとなるAXの主要装備をチェックしていきましょう。

【AXグレードの主要装備一覧】

◇GXグレードの装備内容を追加
◇エンジングレード:排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン(3列7人乗り)
◇フロントシート:運転席・電動/助手席・手動
◇リヤシート:4:2:4分割タイプ
◇指紋認証システム:標準装備
◇サンルーフ:電動/リモコン機能無し(メーカーオプション)

AXグレードもガソリンモデルのみですが、GXに比べて運転席は電動調整が可能で、サンルーフはメーカーオプション扱い。

リヤシートも6:4から4:2:4の分割タイプにグレードアップし、長尺物の積載も容易に。

さらに指紋認証エンジンスターターシステムはAX以上より標準装備されるとのことで、この点は非常に嬉しいポイントだと思うものの、点検や車検時の使い勝手はどうなのかが気になるところですね。

③:VXグレードの主要装備

続いてはAXよりも上のグレードとなるVXの主要装備をチェックしていきましょう。

【VXグレードの主要装備一覧

◇AXグレードの装備内容を追加
◇エンジングレード:排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン(3列7人乗り)
◇ホイールサイズ:18インチアルミホイール(高輝度塗装)
◇フロントシート:フロントシートベンチレーション+運転席・電動/助手席・手動
◇ステアリングホイール:本革ステアリング(木目オーナメントパネル有り)
◇リヤテールゲート:1枚ドア(標準装備)/パワーバックドア+キックセンサー付(メーカーオプション)
◇サンルーフ:電動/リモコン機能有り(メーカーオプション)

VXグレードも基本的にガソリンモデルのみで、フロントシートベンチレーションに加え、運転席のみ電動パワーシートを標準装備。

一気にラグジュアリー性が向上していますが、どうやらリヤテールゲートは1枚&手動オープンが標準のようで、ハンズフリーテールゲートはメーカーオプション扱いのようです。

④:上位ZXグレードの主要装備

続いてはVXよりも上のグレードとなる上位グレードZXの主要装備をチェックしていきましょう。

【上位グレードZX】

◇VXグレードの装備内容を追加
◇エンジングレード:排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン(3列7人乗り)/排気量3.3L V型6気筒ディーゼルターボエンジン(2列5人乗り)
◇車両統合制御(VDIM):有り
◇スタビライザー:リニアソレノイドAVS
◇ホイール:20インチアルミホイール(高輝度塗装)
◇ヘッドランプ:LED/フロント&リヤシーケンシャルウィンカー
◇グリル・バンパー:ZX専用意匠(グリル&バンパー差別化)
◇リヤシート:4:2:4分割/リヤシートベンチレーション
◇12インチナビゲーションシステム:メーカーオプション
◇リヤテールゲート:パワーバックドア+キックセンサー
◇サンルーフ:電動/リモコン機能有り

上位グレードになると一気に豪華になりますね。

基本的には本革シートが標準装備となり、運転席・助手席共に電動パワーシートでシートベンチレーション付き。

更にはガソリンとディーゼルの何れかから選択が可能という点は、かなり選択肢の幅が広がる一方で、価格帯も一気にアップするでしょうね。

なおリニアソレノイドAVSについては、ショックアブソーバーの減衰力を運転操作や路面状況に応じ、電子制御で調整してコーナリング時のロール制御や起伏の多い路面でもフラットな乗り心地を実現する専用装備。

この他にも、VDIM(統合型走行安定システム)を採用することでオンロード性能を高くキープします。

そしてZXグレードのみ、フロント・リヤシーケンシャルウィンカーが標準装備されるとのことで、他グレードとの差別化が図られるようです(グリルやバンパーも専用デザインになるため、フロントマスクを見るだけでも違いがわかる模様)。

⑤:最上位GR-Sグレードの主要装備

最後は最上位でありながらVXの派生版という立ち位置のGR-Sグレード。

このグレードは、ラグジュアリー重視のZXとは異なり、オフロード志向を強くした一台となります。

【最上位グレードGR-S】

◇ZXグレードの装備内容を追加
◇エンジングレード:排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン(3列7人乗り)/排気量3.3L V型6気筒ディーゼルターボエンジン(2列5人乗り)
◇車両統合制御(VDIM):無し
◇スタビライザー:次世代KDSS(電子制御)
◇フロント/リヤディファレンシャル:デフロック(標準)
◇ホイールサイズ:18インチアルミホイール(マットグレー)
◇ヘッドランプ:フルLED(シーケンシャルウィンカーの設定無し)
◇グリル・バンパー:GR-S専用意匠(TOYOTAロゴ)
◇バックドア:パワーバックドア
◇サンルーフ:電動/リモコン機能有り(レスオプション有)

基本的な装備内容はVX+αといったところで、更にディーゼルエンジンの選択も可能になったという印象。

なおこのモデルでは、GR-S専用意匠に加え、オフロードでの走りに専念するため、サンルーフを敢えてレスオプションにできるのも大きなポイントだと思います。

インテリアについては、GR-S専用となる新色のブラック&ローズを設定し、3列シートについては跳ね上げ式からフロア格納式へ変更することで荷室空間を拡大しています。

以上が新型ランドクルーザー300のグレード別主要装備となりますが、思った以上に早く情報がリークされてしまいましたね。

新型ランドクルーザー300のボディカラーは全6色、海外は全10色?

続いて新型ランドクルーザー300のボディカラーをチェックしていきましょう。

海外市場向けは全5色との情報がありましたが、国内市場向けは全6色がラインナップされるとのこと。

具体的には以下の通り。

◇ホワイトパールクリスタルシャイン

◇プレシャスホワイト

◇グレーメタリック

◇ブラック

◇ダークレッドマイカメタリック

◇アヴァンギャルドブロンズメタリック

一方で海外市場向け?と思われる資料も技術資料も完全リークされていて、海外市場向けだと全10色がラインナップされるようですね(リーク元はコチラ)。

◆スーパーホワイトⅡ

◆ホワイトパール

◆プレシャスホワイトパール

◆シルバーメタリック

◆グレーメタリック

◆ブラック

◆アティチュードブラックマイカ

◆ダークレッドマイカメタリック

◆アバンギャルドブロンズメタリック

◆ダークブルーマイカ

もしかすると近日中に内外装デザインもリークされるかもしれません。

新型ランドクルーザー300のグレード別価格帯もチェックしていこう

最後は新型ランドクルーザー300のグレード別価格帯をチェックしていきましょう。

こちらも価格ドットコムにてリークされた情報となりますが、正式な価格情報がディーラーに配信されるのは2021年6月下旬となります。

もしかしたらトヨタの内部関係者がリークした情報かもしれないですが、まずはご参考までに。

【新型ランドクルーザー300(4WDのみ)のグレード別価格帯一覧(10%税込み)】

◇GX:[ガソリン]5,240,000円

◇AX:[ガソリン]5,990,000円

◇VX:[ガソリン]6,650,000円

◇ZX:[ガソリン]7,960,000円/[ディーゼル]8,360,000円

◇GR-S:[ガソリン]9,420,000円/[ディーゼル]9,820,000円

最上位グレードのGT-Sディーゼルでも982万円で、ギリギリ1,000万円行かない位ですね。
※ディーゼルはガソリン比+40万円

エントリーグレードとの価格差は最大458万円ですが、それだけの充実した装備内容や足回りが提供されるのだと思われます。

トヨタ新型ランドクルーザー300に関する最新情報、関連情報はコチラにてまとめています。

☆★☆新型ランドクルーザー300関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:価格ドットコム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう