(2022年)メルセデスベンツ新型EQBクラスが世界初公開!アルミホイールやメタリックな内装まで中国ユーザーを強く意識したピュアEVクロスオーバー

新型EQAクラス同様に、新型EQBクラスも中国ユーザー向けのデザインにシフトしている

いよいよ2021年4月19日のプレスデーより開催される中国・上海モーターショー2021に、メルセデスベンツの新世代ピュアEVクロスオーバーモデルとなる新型EQBクラス(Mercedes-Benz New EQB-Class)が世界初公開されますが、一足早くメーカーより公開されていました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型EQBクラスは、2021年内に中国市場を始め欧州市場でも販売される予定で、その後2022年にアメリカ市場でも販売予定となっています。

かなり中国ユーザー好みの内外装デザインにまとめられた新型EQBクラスですが、スペック等も含め早速チェックしていきましょう。


新型GLBクラスのピュアEV版として、ファミリー向けにも強く支持されそう

こちらが今回世界初公開された新型EQBクラス。

フロントエンドを横切るLEDデイタイムランニングライトがピュアEVモデルらしさを引き立てていて、更にラジエーターグリルは設けず、ピアノブラックを背景にしたテロンテロンのハニカムフロントグリルレスバンパーを装着。

フロントサイドエアインテークもダミータイプとなるため、ピュアEVモデルとはいえちょっと味気ない部分はあるものの、テスラとは異なりブラックのアクセントを加味することでメリハリのある顔つきに。

3列シートはメーカーオプション扱い

新型EQBクラスのボディサイズとしては、全長4,684mmとフォード・マスタング(Ford Mustang)よりも101mm短いものの、2列5人乗りだけでなく3列7人乗りのシートレイアウトも準備。

但し、ここで注意したいのは、新型EQBクラスの3列目シートはメーカーオプション設定になるとのことで、スタンダードグレードは2列5人乗りのみになるそうです。

そして足元のアルミホイールもチェックしていくと、いかにも中国ユーザーが好みそうな20インチのマルチスポークアルミホイールで、しかもシルバーやブラックペイントではなく、ブロンズカラーにペイントしている辺りも中国ユーザーの好みを強く意識しています(新型EQAクラスも同じカラーのマルチスポークアルミホイールを準備している)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型EQBクラスのリヤデザインやインテリア、そしてパワートレインは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう