フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルに乗っていて感じること。「この車はスピードを求めるものではない」、実用性や快適性が重要だと思う

確かに速さも大事だとは思うが、その速さはどこで発揮し、どのようなメリットがあるか

さてさて、私に納車されたホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、大変ありがたいことに数多くの方から同車に関する問い合わせや質問などが沢山きています。

可能な限り早めに対応していきたいとは思いますが、今回はその中で複数頂いた質問として、「新型ヴェゼルにスピード(速さ)って必要か?」というもの。

この質問が来たときに「どういうことなんだろうか?」と考えていたのですが、色々な方々の質問内容をまとめてみると、どうやら複数投稿されているYouTube動画に、新型ヴェゼルに関する”速さの指摘”や”他社との速さ比較”があるそうなんです。

私自身も少しだけ動画チェックしたぐらいで、細かい内容までは確認できていないものの、結論から言ってしまうと「新型ヴェゼルはスピードを求めるものではない」と考えています。


「速さ/スピード」にも色々表現はあるが、新型ヴェゼルを検討する上で重要なポイントはそこ?

っというのも、新型ヴェゼルの購入を検討するに辺り、いくつか出てくるであろう候補の中に「速さ」を含む方って中々少ないと思うんですね(完全に含まれていないとも言い切れないし、速さにも色々な意味合いが込められているので一概には言えない)。

新型ヴェゼルは、国産BセグメントSUVという立ち位置で、パワートレインは排気量1.5L 直列4気筒エンジンと、同エンジン+デュアルモーターを組み合わせたハイブリッドシステムe:HEVの2種類がラインナップされていますが、何れも速さに直結するものではなく、どちらかというと燃費や静粛性、実用性などに直結するものだと考えています。

ただ、e:HEV独自のワープするような加速性を求めている人はいらっしゃると思いますし、確かにそういった”速さ”であれば、私もそれは欲しいと思う要素です。

もちろん、他車よりも優れた加速性能があれば十分に越したことは無いのですが、ただその速さを求めてどこで発揮するのか?というのも疑問に思うところ。

「速さ」の要素はある意味で一番厄介な項目かもしれない

本来こういったコンパクトSUVを購入検討するにあたり、最も重要視されるポイントといえば、先述にもある通り「実用性」「快適性」「静粛性」「燃費」、そして「価格」だと思うんですね。

これらの項目に加えて「速さ」ともなってくると、コンパクトSUVから更にグレードアップする必要があると思われ、例えば0-100km/hの加速時間が6秒台となるトヨタ新型RAV4 PHVや、ポルシ・マカン(Porsche Macan)/カイエン(Cayenne)のハイブリッドモデルあたりになってくると思いますが、そうなってくると価格帯や実用性(サイズ感)でまた検討し直すことに。

要は上を見始めたらキリがなく、どこかで「この要素が満たされば十分」と区切りをつけないと、購入の後押しどころから、「結局自分は何を買ったら良いのだろうか」と出だしに戻ってしまうこともあると思うんです。

「速さ/スピード」まで求めるのであれば、SUVとは異なるモデルを検討する必要あり?結局新型ヴェゼルってどうなの?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう