何だか意味深だな…カーメディア「トヨタがグランエースよりも更に高級志向の大型バンを発表」「新型アルファードは2023年に発売」「新型ランクルプラドは2022年8月発売」と報道

引き続きベストカーさんが報道する「2022年以降デビュー予定のトヨタ新型車」をチェックしていこう

③:新型ランドクルーザープラド

via:Spyder7

こちらも以前より話題となっているフルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザープラド(New Land Cruiser Prado)。

デザインとしてはキープコンセプトになるとのことで、フロントグリルも縦型基調のフロントグリルを採用し、フロントヘッドライトは三眼LED、その直下のLEDデイライトは水平基調になるとのこと。

そしてボディサイズについても、TNGAに基づいた新開発ラダーフレーム構造が採用されるとのことで、全長4,850mm×全幅1,890mmになるそうです。

パワートレインについては懐疑的なところはあるものの、新型ランクル300にも搭載の排気量3.3L V型6気筒ディーゼルターボエンジンが搭載され、最高出力309ps/最大トルク700Nmとかなり強力な一台になるとか。

こうなると、新型ランクル300との差別化はどうなるのか?といった疑問も出てきますが、デビュー時期は2022年8月とのことなので、トヨタ公式からの発表を楽しみにしたいところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


④:新型クラウンコンセプト

こちらも以前、大きな話題となった次期クラウンのSUV化に関する報道ですが、3列SUVのハイランダー(Highlander)をモチーフにしたFFクロスオーバーになる?ともいわれ、しかし実際のところは中国市場専売の新型クラウンクルーガー(New Crown Kluger)だったことも明らかになっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そしてもう一つ話題になっているのが、フルモデルチェンジ版・新型クラウン・コンセプト(New Crown Concept)。

これについては、まだ具体的な情報がトヨタディーラーにも展開されていないため何とも言えないところですが、エクステリアとしては4ドアクーペがベースとなり、プラットフォームはTNGA-K、駆動方式は後輪駆動(FR)から前輪駆動(FF)へと変更されるとのこと(ベースグレードはFFのみ、他グレードはFFと新開発4WDとの情報も)。

そしてパワートレインは、排気量2.5L 直列4気筒ターボエンジンと、ハイブリッドの2種類がラインナップ予定とのことで、V型6気筒エンジンは廃止されるそうです。

クロスオーバーの展開も噂されていて、どうやらフロント・リヤに樹脂フェンダーを装着し、更に若干のリフトアップでクロスオーバーテイストに仕上げたアクティブデザインに変化するとのことで、こちらもちょっと楽しみな一台ではあります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆トヨタ関連記事5選はコチラ!☆★☆