フルモデルチェンジ版・日産の新型セレナに関する新たな噂!「e-POWERだけでなく2リッターハイブリッドも有り」「2022年9月発売でほぼ確定」等

2021-11-29

ちなみに競合のトヨタ新型ノア/ヴォクシーは発売日が明らかとなり、グレード別価格帯も公開済み

さてさて、2022年はミドルサイズミニバンの新型車が続々と登場予定とのことで、2022年1月13日にフルモデルチェンジ版・トヨタ新型ノア(Toyota New Noah)/ヴォクシー(New Voxy)が発表・発売予定、ホンダ新型ステップワゴン(Honda New Stepwgn)は同年4月~5月頃に発売予定、そして今回の注目モデルとなる日産の新型セレナ(Nissan New Serena)が、同年9月に発売予定との噂が浮上しています。

ちなみに最大の競合モデルとなるであろう(2022年モデル)新型ノア/ヴォクシーに関しては、既にグレード別価格帯やメーカーオプションも判明していて、見積もりも作成可能で先手を打っている感はありますが、おそらく次期ステップワゴンは年明けの2月~3月頃に詳細な情報が明らかになると予想されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回、日産の新型セレナに関する新たな最新情報がカーメディアによって公開されているため、早速その中身をチェックしていきたいと思います。


新型セレナの発売時期は2022年9月頃でほぼ確定

早速新型セレナに関する新たな情報をチェックしていきましょう。

自動車情報誌ベストカーさんの報道によると、どうやら新型新型セレナは2022年9月頃に発売されることがほぼ確定的とのことで、国内のミドルサイズミニバンとしては最も後発になるわけですが、その一方で気になるのは、どういったエンジンやグレードが展開されるのか?ということ。

2021年11月末時点では、日産ディーラーにも新型セレナに関する具体的な情報は展開されておらず、日産ディーラーにて配布されている2022年の販売スケジュールにも新型セレナに関する記載は有りませんでしたが、やはり競合モデルとなる新型ノア/ヴォクシー/ステップワゴンが登場するともなれば、日産もほぼ同時期に発表・発売してくることは間違いなさそう。

黒字化している日産としては、国内需要の高いセレナでの失敗は許されず、しっかりと市場調査・開発を進めているはず

特に2020年~2021年は、インド市場を中心に販売されている新型マグナイト(New Magnite)や、国内市場を中心に販売している新型ノートe-POWER(New Note)/ノートオーラ(New Note Aura)/ノートオーテック(New Note Autech)/ノートオーテッククロスオーバー(New Note Autech CROSSOVER)の販売が好調ですから、この勢いをそのままにしたいところ。

▽▼▽関連記事▽▼▽

2022年の日産も注目の新型車が続々と発表・発売予定

また2022年は、待望のフルモデルチェンジ版・新型エクストレイル(New X-Trail)や、ビッグマイナーチェンジ版・新型フェアレディZ(New Fairlady Z, Z34)も発表・発売予定ですから、これらのモデルが先に登場することで日産の注目度も更に上がることは確実。

先述の通り、販売好調でようやく黒字化となった日産としては、新型セレナは絶対に失敗の許されない一台であることがわかります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型セレナのボディサイズやパワートレイン、車内の装備内容はどうなる?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!