フルモデルチェンジ版・日産の新型ノート/ノートオーラにヘッドライトやナビのサービスキャンペーン!ところでリコール/改善対策/サービスキャンペーンの違いとは?

具体的な対象台数の記載はないが、恐らく数万台規模になると予想

日産のフルモデルチェンジ版・新型ノートe-POWER(Nissan New Note)/ノートオーラ(New Note Aura)の2車種にサービスキャンペーン。

不具合内容としては、電気装置(ナビゲーションコントロールユニット)において、制御プログラムが不適切なため、 画面表示されなくなるおそれがあるとのこと。

なお今回のサービスキャンペーンですが、日産ディーラーの情報によると昨今の諸事情による部品供給不足や半導体の供給不足で調達が難しい状況にあるため、早期的に措置できるかどうかは微妙なところだそうです。

各オーナーのもとに通知書が送付されているとは思いますが、日産ディーラーより順次連絡が入るものと予想されます。


ところでサービスキャンペーンやリコール、改善対策との違いは?

ちなみにリコール等は「起きないことが一番安全」ではあるものの、工業製品である以上、どこかしら不具合が生じる恐れがあり、その対策や処置としてリコールや改善対策、サービスキャンペーンが存在します。

処置の重要度しては「リコール>改善対策>サービスキャンペーン」の順で、リコールの場合だと「事故や走行が困難」といった問題に発展する恐れ、サービスキャンペーンだと「事故が発生するほどではなく、公道走行に支障を来すほどのレベルではない」内容になると言われています。

それぞれの内容の違いは以下の通り。

【リコール/改善対策/サービスキャンペーンの違い】

◇リコール
その不具合が原因で道路運送車両の保安基準に適合していない又は適合しなくなるおそれがある状態。放置しておいたら重大な事故に繋がる可能性があり(エンストや火災など)。

◇改善対策
道路運送車両の保安基準に規定はされていないが、不具合が発生した場合に安全の確保及び環境の保全上看過できない状態(排ガスや動作不良)。

◇サービスキャンペーン
上記には該当せず、その不具合が原因で品質上の問題など不快な思いをする可能性がある状態。放置しておいても、不快な思いはするが、重大な事故等の危険に繋がる事はない。従って、キャンペーンは放置しても特に問題はない。(車検も通り、壊れるような箇所ではない)

via:Suzuki

対象モデルをチェックしていこう!

リコール/改善対策/サービスキャンペーンの違いがある程度明確になった上で、気になる対象モデルは以下の通り。

ちなみに、これによる事故や不具合が何件発生しているかは明らかになっていません。

【サービスキャンペーン対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間]

[ノート]
・6AA-E13/E13-059108~E13-072499/令和3年10月7日~令和4年1月20日

・6AA-SNE13/SNE13-109780~SNE13-114252/令和3年10月7日~令和4年1月19日

[ノートオーラ]
・6AA-FE13/FE13-205097~FE13-213025/令和3年10月7日~令和4年1月21日

・6AA-FSNE13/FSNE13-501445~FSNE13-504434/令和3年10月7日~令和4年1月20日

改善措置としては、ナビゲーションコントロールユニットの制御プログラムを改善プログラムに修正するとのことです。

もう一つのサービスキャンペーンは、ヘッドライトが消灯せずにバッテリーが上がってしまう?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!