【朗報?】フルモデルチェンジ版・レクサス新型NXの「2回目」ディスプレイオーディオOTAアップデートが2022年6月末に配信予定!あの不具合もようやく解消されるか?

2022-06-22

2回目に期待!新型NXに更なる修正版OTAアップデートが配信されるようだ

2021年12月に私に納車されて半年以上が経過しているレクサスのフルモデルチェンジ版・新型NX350h F SPORT(2WD)。

前回のブログでは、新型NXとしては初となるディスプレイオーディオのOTAアップデートが施され、ナビゲーションルート案内で何かと不満に思っていたルートオプションが改善され、「一般優先」が追加されました。

この他にも、Android Auto/Apple CarPlayがワイヤレス化、更にはエネルギーフローのデザインが一部改良?(アンダーカバーが追加されたのみ)されるなど、僅かながらユーザーにとって使いやすい仕様へと変化しています。

とはいえ、1回目のアップデートで更なる不具合が多数発生しているのも事実で、これらの不具合を解消するであろう2回目のアップデートが、2022年6月末に配信予定であることがわかりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽


アップデート内容の詳細は「不明」だが、とりあえずメーカーからアップデートに関するアナウンスは来ているようだ

今回のレクサス新型NXの2回目OTAアップデートは、いつもお世話になっているレクサスディーラーより提供頂けた情報になりますが、最も気になるアップデートの詳細については残念ながら「不明」とのこと。

どういった改良・改善が施され、どういった不具合が解消されるかわからない状態でのアップデートとなるそうですが、期待もありつつ不安もあるのが正直なところ。

ちなみに私の新型NXでは、以下の内容で不具合が連発しているため、特にディスプレイオーディオが真っ暗になるという不具合は非常に困るところ。

【新型NXの1回目OTAアップデート後に発生している不具合一覧】

◇ディスプレイオーディオがブラックアウトになる

◇Bluetooth接続が強制的に切断される

◇高速道路を利用したルート指定にも関わらず、高速道路を回避して下道を案内する

[NEW]TVキャンセラーがONになっていないにも関わらず、ナビゲーションの自車位置が数百mから数kmズレることがある

[NEW]エージェント+のレスポンスが悪く、「〇〇の音楽をかけて」と話しても、全く音楽再生してくれない(音楽データUSBやBluetoothももちろん機能している)

[NEW]運転開始早々に「いたわり案内」が表示されることがある

ちなみにエージェント+と付属の「いたわり案内」は、高速道路走行中のクルマの「ふらつき」を検知し、ナビ音声を使ってドライバーへ質問をなげかけるなど注意喚起を促し、事故を未然に防ぐ機能になりますが、高速道路でもない一般道で、しかも道の駅などの駐車場から出ようとしたときに「いたわり案内」が表示されるのはちょっと鬱陶しいところ。

これが表示されてしまうと、音楽が強制的にOFFになり、更にナビゲーション画面からこの画面1つに占領されるため、使い勝手としては非常に不便。

しかも音声対話式なので、「いいえ疲れていません」と話しても、「申し訳ございません。音声を認識できませんでした」を繰り返し、結果的にナビゲーションへと切り替わらないまま、左上の「×(閉じる)」まで腕を伸ばしてタッチしないといけないのが気になるところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型NXのディスプレイオーディオをミュート→ミュート解除にすると、音楽ではなくFMラジオが再生される?あのデザインも改善されるか?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!