(2023年)一部改良版・日産の新型ノートが2022年8月に発表予定!「何と本革シート&本革ステアリング廃止!」「抱合せメーカーオプションを分割へ」等

(2023年)一部改良版・新型ノートの変更内容は結構多めなので注意してチェックしてほしい

前回のブログにて、2022年7月に日産の3ナンバープレミアムコンパクトの新型ノートオーラ(Nissan New Note Aura)が発表されることをお伝えしましたが、今回は同年8月に発表/同年10月に発売予定となっている5ナンバーコンパクトモデルの一部改良版・新型ノートe-POWER/ノートオーテック(New Note Autech)/ノートオーテッククロスオーバー(New Note Autech Crossover)に関する情報を展開していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型ノートオーラの変更・改良内容は極めて少ないものでしたが、新型ノートe-POWERはそこそこ多め。

ノートオーラとの差別化を図るために「思い切った」変更もありますし、ボディカラーやオプション構成も変更されるため、この辺りも注意してチェックして頂けますと幸いです。

検討されている方も非常に多いと思いますが、一体どのような変更・改良となるのか?早速チェックしていきましょう。


エントリーグレード「F」を廃止!全グレードのシートに抗菌仕様を採用

まずはスタンダードモデルの新型ノートe-POWERのグレード構成からチェックしていきましょう。

今回の一部改良により、商用グレードとなる「F」グレードが廃止となります。

この変更によるグレード構成は以下の通り。

【(2023年)新型ノートe-POWERのグレード構成一覧】

◇エントリーグレードS[2WD/4WD]

◇上位グレードX[2WD/4WD]

◇カスタムグレードAUTECH[2WD/4WD]

◇カスタムグレードAUTECH CROSSOVER[2WD/4WD]

◇助手席回転シート[2WD/4WD]

そしてこのグレード構成の変更に加えて、新型ノートオーラ同様に全グレードのシートを抗菌仕様にアップデート。

前回のブログでもお伝えしましたが、これは2021年4月に日産の公式プレスリリースでも公開している通りで、今後新たに国内で発売する車両に、順次「抗菌仕様」のステアリングとシートを採用することを発表済。

こうした抗菌仕様のシートを採用するきっかけとなったのは、顧客を対象に日産独自に調査したところ、多くの方が清潔な車内空間の持続性を求めているとのことで、特に「手や体が触れるところが抗菌されていること」を重視する顧客が多くいるという結果より、順次採用していくとのことです。

抱き合わせのメーカーオプションを分割

続いては「メーカーオプション構成の変更(細分化)」。

これまでの新型ノートe-POWERは、S/Xグレードにプロパイロット(ProPilot)もしくはLEDヘッドライトを設定したい場合、抱き合わせのセットオプションを選択しなければなりませんでしたが、今回の一部改良でそういった抱き合わせが一部廃止となるようです。

まずLEDヘッドライト系のメーカーオプション分割は以下の通り。

[変更前]
◇LEDヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベライザー、シグネチャーLEDポジションランプ付)+アダプティブLEDヘッドライトシステム+LEDフォグランプ


[変更後]
◇EDヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベライザー、シグネチャーLEDポジションランプ付)+アダプティブLEDヘッドライトシステム

◇LEDフォグランプのみ

プロパイロットとNissanConnectナビもそれぞれ単独にて選択可能に

続いてプロパイロット系のメーカーオプション分割ですが、これまでは「プロパイロット(ProPilot)とNissanConnectナビゲーションシステム」を含めたセット装備のみでしたが、今回の一部改良により「プロパイロット」と「NissanConnectナビ」を同時装着しなくとも、プロパイロットだけを選択することが可能になります。

つまり、ディーラーオプションもしくは社外製ナビを装着してもプロパイロットが使用できるということになりますが、ここで注意してほしいのは、ナビリンク機能を搭載したプロパイロット1.5を使用したい場合は、NissanConnectナビが無いと機能しないため、ナビリンク機能を活用したい方は抱き合わせのセットオプションにて購入する必要があります。

新型ノートe-POWERの上位グレードXでは、本革シートなどが廃止?!オーテックの変更・改良内容含めて続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!