【販売不振が影響か】2020年モデル・(米)マツダ新型「マツダ3(Mazda3)」が1年経たずして早くも一部改良で値上げへ

2020-05-27

~新型「マツダ3」はまだまだ商品力が不足している?~

アメリカ市場にて販売されているマツダのフルモデルチェンジ版・新型「マツダ3(Mazda3)」が、1年経たずして早くも一部改良を施すことが明らかとなりました。

今回新たな改良として、i-Activesenseの安全機能(ドライバーアテンションアラート/ストップアンドゴー付レーダークルーズコントロール/スマートブレーキサポート/レーンキープアシスト/ハイビーム月車線逸脱警告)をセダンタイプのエントリーグレードに標準装備するとのことで、アメリカ市場での販売不振により、更なる商品力アップのための一部改良と言われています。
そのため、セダンタイプは約10万円値上げとなる約241万円からの販売となります。

その他にも、エントリーグレードでは、オートオンオフヘッドライトや雨滴感知フロントガラスワイパー、マット仕上げのフロントグリル、16インチ合金ホイール、インテリアレザートリム、自動格納式ドアミラー、8.8インチインフォテイメントタッチスクリーンディスプレイ、7インチデジタルゲージディスプレイも標準装備されるとのことで、非常に充実した装備内容となりそうです。


~ハッチバックモデルは変わらずともセダンよりもお高め設定~

一方でハッチバックについては、セダンタイプよりも高めとなる約265万円からの発売となるそうで、エントリーグレードでもApple CarPlay/Android Autoやキーレスエントリー、レザーレットシート/ドアトリム、レザーステアリングホイール/シフトノブ、オートデュアルゾーン気候制御、雨滴感知フロントガラスワイパー、メタルフロントグリル、ルーフスポイラー、18インチ合金ホイールが標準装備されます。

ハッチバックタイプでは、安全装備もセダンタイプより充実しているそうで、先述の機能に加えてスマートブレーキサポートやリヤクロストラフィックアラート、ブラインドスポットモニターも標準装備されます。

パワートレインについては、排気量2.5L SKYACTIV-Gガソリンエンジン(最高出力186hp/最大トルク252Nm)の1グレードのみということで、駆動方式は前輪駆動(FF)/四輪駆動(AWD)のいずれか、トランスミッションはPremiumと呼ばれる1グレードのみ6速MTが選択可能となっているそうです。

☆★☆マツダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう