これ売れるのか?リヤウィングがとんでもない動きをするデンマークの新興メーカー・ゼンヴォ「TSR-S」が早くも転売中。その価格は約1.6億円から【動画有】

2020-05-27

~ほとんど知られていないが、実はとてつもスペックと技術を持つクルマ~

デンマークの新興メーカーでお馴染み2017年式・ゼンヴォ「TSR-S」が、インターネット中古サイトMobile.deにて販売されています。
今回販売されている個体ですが、見た目はサーキットに登場するレーシングカーのようなスタイリングながらも、「TSR-S」の末尾にある”S”は”Street(ストリート)”を意味しているため公道での走行も可能となっています。


~エンジンもかなりクレイジーで1,000馬力を優に超える~

そんな「TSR-S」のパワートレインは、排気量5.8L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力1,177hp/最大トルク1,100Nmを発揮するクレイジーハイパーカー。
0-100km/hの加速時間は2.8秒で、最高時速は325km/hにまで到達するとのことで、意外と知られていない個体ながらも実はブガッティ「シロン(Bugatti Chiron)」やケーニグセグ「ジェスコ(Koenigsegg Jesko)」を競合視する一台でもあります。

そんな過激なスペックとデザインを採用する「TSR-S」ですが、ボディカラーはフルカーボンにブルーの塗料を含ませたブルーカーボンに、エアロパーツ類は全てブラックのカーボンファイバーパーツを採用。

足回りのブレーキ関係もカーボンセラミックを使用し、足元のアルミホイールは軽量化に軽量化を重ねた鍛造アルミホイールとのこと。
具体的なホイールサイズとしては、フロント8.5j×20インチ・リヤ12.5j×21インチの前後異径タイプとなり、タイヤサイズとしてはフロント245/35・リヤ325/30となります。

~「TSR-S」の力を最大限に発揮するのはとてつもない動きをするリヤウィング~

そして自動車メーカーとしては初とも言うべき、コーナリングの際に過激な動きを見せるアクティブ・マルチアクシス・ゼントリペタル・ウィングも採用(別名:Centripedal Rear Wing)。
ドライバーのステアリングの動きに追従するような形で、2つの回転軸によってエアブレーキとコーナリングスタビライザーの両方を機能することを目的としているのですが、この作動スピードとレスポンス性がとんでもなく早く、加えてダウンフォースを大きく発生。

以下の動画でも、”ウニャウニャ”ととんでもない動きを見せるリヤウィングの機能を確認することができますが、確かに「TSR-S」の安定性が高いようにも見えますね(はたから見るとリヤウィングが風に流されているようにも見える)。

【1200HP Zenvo TSR-S GOING FLATOUT ON THE TRACK! + ACTIVE AERO】

ちなみにこの特殊なリヤウィングを開発したゼンヴォのシニア流体力学スペシャリストであるKasperDamkjaer氏は、「TSR-Sのウィングコンセプトは、高いダウンフォースを維持し、大きな内向きの力を生成すること。翼が傾いている場合、ダウンフォースは3%だけ減少し、一方でウィングダウンフォースの30%の内向きの力が生成される」と説明しています。

~インテリアの約7割はカーボンファイバー?!~

インテリアはブラックを基調としつつもブルーとレッドのアクセント付きとなるアルカンターラフルバケットシートを採用していますが、それ以外はもうほとんどカーボン仕上げですね。

ダッシュボードやステアリングはアルカンターラを使用していますが、ハードプラなどは一切使用しない究極にお金のかかったハイパーカーだと思います。

センターコンソールはこんな感じ。
戦闘機をモチーフにしたレイアウトなだけに、男心をくすぐる仕上がりです。

~「TSR-S」の気になる中古車販売価格は?~

今回販売されている個体は、走行距離は2,365kmとそこまで走り込まれておらず、ボディコンディションも全く問題ないそうですが、残念ながら実車の写真が掲載されていません。
本当に出品されているの?と疑いたくなるところでもありますが、そもそも認知度の低いゼンヴォがこのような販売方法にて売れるのか?という疑問もありますね。
ちなみに販売価格は約1.6億円とのことです(新車販売価格は2億円以上)。

☆★☆ゼンヴォ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS