マツダ初代NAロードスターを頭文字D(イニシャルD)の藤原とうふ店号にカスタムしてみた。リヤマフラーはホンダ・シビックのHDMI風

族車風のテイストも含まれた海外らしいカスタムを見ていこう

早速過激カスタムされたNAロードスターを見ていきましょう。

ボディカラーはパンダトレノを想起させるホワイトとブラックの2トーンカラーで、AE86がエンジンを乗せ換え後にカスタムしたブラックフードも採用しています。

そして真正面から見た時の車高の低さと外付けリベット止めされたオーバーフェンダーのワイド感は特筆すべきものがあり、さすがにここまでやる必要があったのか?言わんばかりの気合の入れ方。

おそらくは日本を代表する過激チューナーのリバティーウォーク(Liberty Walk)カスタムもイメージしているのではないかと思われます。

足回りもローダウンしていると思われますが、そこまで言うほどのシャコタンでもないのがちょっと意外。

足もとにはメッシュタイプのBBS製アルミホイールを装着しています。

こちらはリヤデザイン。

デッキリッドスポイラーの裏側には、ナンバープレートらしきものが3~4枚程張り付けられていますが、この辺りはちょっとアウトロー風。

そしてマフラーはまさかのホンダ・シビックからインスピレーションを受けたというHDMI風のマフラーフィニッシャーをインストールしています。

よ~く見てみると、トップルーフはファブリック製ソフトトップではなく、手動脱着式のハードトップっぽくも見えますね。

このあたりのカスタムや詳細な拘りについては不明ですが、可能な限りパンダトレノに近づけるためにカスタムしたものだと思われ、オーナーのイニシャルDに対する熱い想いが伝わってくる一台に仕上げられています。

ちなみにスタリングホイールもデタッチャブルタイプでパドルシフト付。

☆★☆イニシャルD関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution