スバル等の国産スポーツカーを盗難・バラバラに分解して販売したとされるJ-Spec Autoが声明文にて盗難を否定→さらに大炎上で取り返すことは不可能?

ここまで問題視されていたJ-Spec Autoから驚くべき声明文が公開

先日、スバル・インプレッサWRX STIやホンダ・インテグラ・タイプR/シビック・タイプR、更には日産シルビアS15といった国産スポーツカーが盗難されるだけでなく、それらが全てアメリカのカーショップであるJ-Spec Autoによって販売されているとして大きな話題となりました。

今回の一件について、日本だけでなくアメリカでも盗難疑惑を持たれているJ-Spec Autoの公式FACEBOOKにて声明文が公開されましたが、その内容が非常に言い訳がましいもので、最終的に「私たちは合法にて輸入している。だから盗難被害を受けたオーナーは心から同情する。とても残念だ」と説明しており、あくまでもJ-Spec Autoは盗難したことを認めず、謝罪しなかったとして更に大炎上しています。

気になる声明文の詳細や、日本のサプライヤに関する情報も以下の次のページにてチェック。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう