【価格は441.3万円から】三菱が特別仕様車アウトランダーPHEV”BLACK Edition”を発売スタート!FMC前の最後の現行版・特別仕様車か?

三菱がスポーティさを強調させるアウトランダーPHEVの特別仕様車を発売!

2020年6月4日、三菱のフラッグシップSUVモデルとなるアウトランダーPHEV(Mitsubishi Outlander PHEV)をベースにした特別仕様車”BLACK Edition”が発表・発売スタートとなりました。

今回発売された個体は、BLACK Editionと呼ばれる通りエクステリア/インテリアにブラックのアクセントを追加することで全体的に引き締めを強化し、更にはオフロードな見た目からよりスポーティな印象を与えた一台に仕上げられています。

足回りも含めて三菱の”本気”が感じられる特別仕様車だ

このほかにも、足回りについてはビルシュタイン製のハイパフォーマンスショックアブソーバーがインストールされ、優れた操縦安定性はもちろんのこと、乗り味もマイルド仕様から若干カタメのスポーティ仕様へと変更されるとのことで、この点についてもスポーティな外観と上手く統一されたところではないかと思います(今回の特別仕様車は三菱の本気が感じられる)。

まだ確定ではないものの、今回登場したモデルが現行版としては最後の特別仕様車だと考えられ、2020年内もしくは2021年初め頃に、フルモデルチェンジ版が登場するのではないかと予想しています。

気になる特別仕様車”BLACK Edition”の内外装と価格帯は、以下の次のページをチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう