フルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビック・タイプRについて海外メディアが反論「ハイブリッド?そんなもの搭載されるわけないだろ!」

ホンダは今、電化や自動運転技術にマンパワーを注いでいるが…

2020年5月、欧州にてホンダのフルモデルチェンジン版・新型シビック・タイプR(Honda New Civic Type R)と思われる開発車両が目撃されていましたが、このモデルに関して海外メディアのAutoExpressが新たなレポートを公開しています。

新型シビック・タイプRでは、現行モデルよりも更にトーンダウンした顔つきになるも、そのスポーティなデザインは引き継がれ、加えて排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムがラインナップされる?といった情報が入っていますが、そのようなものは設定されず、これまで通りガソリンエンジンモデルとして登場すると説明しています。


そもそも今回目撃された開発車両が次期シビック・タイプRとも言い切れない

更にEV化により駆動システムも前輪駆動(FF)から四輪駆動(4WD)へと変化する?といった噂が浮上していましたが、そうなるとシビック・タイプR本来の個性とニュルブルクリンクサーキット・ノルドシュライフェでのFF市販車としてのチャレンジができなくなるといった問題が有ることから、前輪駆動から変わることは無いと説明。

なおAutoExpressの新たなレポートには、シビックの派生モデルはいくつか準備されているとのことで、そもそも今回目撃された開発車両が100%シビック・タイプRであるとは限らず、ハイブリッドシステムを設定する別のハイパフォーマンスモデルの可能性もあるとして、以前目撃された開発車両の車種からも反論しています。

ちなみに、次期シビック・タイプRは2022年にデビューすることが予想されていて、生産工場もイギリス・スウィンドン工場から日本国内へと移管する可能性が非常に高いのですが(っというか東京モーターショー2019にてホンダの技術広報が次は日本の工場にて製造すると断言していた)、将来的には電化やEVへとシフトしていくホンダの動きを鑑みると、おそらくは次期シビック・タイプRで最後のガソリンエンジン搭載モデルになると思われますし、これを最後に生産終了となる可能性も十分に考えられますからね…シビック・タイプR好きとしては、何とも複雑な気持ちではありますが。

そしてこちらが、次期シビック・タイプRの完成予想レンダリング。

現行モデルのようなガンダムチックな派手さを少し抑えつつ、元々大口化されていたフロントインテーク部分はトーンダウンし、縦型基調に4つ設けられたダクトも細長い形状へと変更されているのが確認できますね。

あとはフロントヘッドライトがシャープで切れ長になった印象を受けますが、パッと見た感じフロントウィンカー部分がどのように点滅するかわからず、もしかするとシームレスタイプのL字型LEDデイタイムランニングライトがターンシグナルするような形で点滅するのかもしれません。

☆★☆シビック・タイプR関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう