マイナーチェンジ版・日産の新型キックスに試乗。コンパクトクロスオーバーというよりもハッチバック寄り、意外とハードな足回りでスポーティだぞ

待望の日産新型キックスに試乗!

さて、2020年6月30日に発売されたばかりとなる日産のマイナーチェンジ版・新型キックス(Nissan New Kicks)に試乗してきました。

本来であれば発売日と同時に試乗予定だったのですが、本業多忙で拘束時間が長く、中々自分の時間が取れずの状態でした。

新型キックスは、XとX”ツートンインテリアエディション”の大きく2グレードがラインナップされていて、私が試乗させていただいたのは上位グレードのX”ツートンインテリアエディション”で、ボディカラーはブリリアントホワイトパール。

Xグレードとの大きな違いとしては、ステアリングヒーターや「ブラック&オレンジタン」のツートンインテリア、合成皮革シート(Xは合成皮革+ファブリックのコンビシート)、フロントシートヒーター、シートバックポケット(運転席/助手席)が標準装備されているぐらいで、それ以外は基本的に全く同じ装備内容となっています。

新型キックスのボディサイズは”数字以上にコンパクト”

ボディサイズとしては、全長4,290mm×全幅1,760mm×全高1,610mmとトヨタ新型ヤリス・クロス(Toyota New Yaris Cross)の全長4,180mm×全幅1,765mm×全高1,560mmよりもちょっと大柄仕様といったところでしょうか。

ちなみに実車を見ての印象としては、コンパクトSUVモデルというよりも、どちらかというとハッチバックに近い印象を受け、だからといってワイド感もあるわけでもなく、ただシンプルにコンパクトで車高低めといった印象でしょうか。

フロントLEDヘッドライトやLEDウィンカーもとても眩しく、大口化したVモーショングリル同様に存在感はかなりあると思います。

インテリアの質感(後席の広さ)や試乗インプレッションは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう