ランボルギーニがまたもや1.79%の低金利キャンペーン実施中。今年はランボルギーニは買い時か

ランボルギーニは前回、2017年1月1日から3月31日までの購入者に限り、通常金利3.49%⇒1.79%の低金利キャンペーンを実施しましたが、今回も引き続き2017年4月1日から6月30日までの成約者を対象に低金利(1.79%)キャンペーンが継続して実施していることが明らかになりました。
また、ランボルギーニのお得な残価設定ローン(ハイパープレミアムローン)の3年の上限残価が最大60%⇒70%とこちらも継続されていますね。

近年のランボルギーニ車の売行きが好調だからでしょうか、「アヴェンタドールS」や「ウラカン・ペルフォルマンテ」が発売されたからなのかは不明ですが、こういった好条件が続けて重なることは非常に珍しく(これまでは1.9%が一番低い金利でしたし、継続して低金利キャンペーンが実施されるのは非常に稀)、まさしくランボルギーニ車を買うなら「今が買い時」なのではないのかと思いますね。

関連記事:フェラーリの残価設定ローンが75%に引上げ。レクサスやBMWと同じ金額で買えてしまうことに

スポンサーリンク

ちなみに先に記載した残価設定ローン(ホンダでいう残クレ)は、新車価格+オプション価格の総額(税抜)から上限残価を据置にして、残りの金額を頭金+設定年数(例えば3年であれば36回払い)で月々の支払いをグッと抑えることができるわけですね。

ザックリした例を出すと、
「新車本体価格(税抜)+オプション価格(税抜)」が総額3,000万円(税抜)だったとして
支払年数を3年に設定すると上限残価70%という条件から → 3,000万円×残価70%・・・2,100万円は据置きになる(別の表現をすれば、2,100万円割引になる)ので、残りの900万円を3年間で支払うというわけです。

例えば頭金を500万円支払えば、残りの400万円を3年(36か月)かけて支払えば良いことになるので、月々11万円弱でランボルギーニ車に乗れてしまうわけですね。

実際にランボルギーニサイトのシミュレーションしていくと「ウラカンLP580-2」だと車両本体価格23,473,000円(税抜)に対して、最大上限残価が65%となるため15,250,000円を据置き。
諸費用・オプション代金等を200万円、頭金を600万円、ボーナス支払いを40万円とすると、毎月133,800円の支払いで乗れてしまうわけですね。

また、新ラインナップされた「アヴェンタドールS」は車両本体価格41,578,179円(税抜)に対して、最大上限残価が70%となるため29,100,000円を据置き。
諸費用・オプション代金等を200万円、頭金を1,200万円、ボーナス支払いを40万円とすると、毎月146,200円の支払いで乗れてしまいます。

以上は、残価の底上げ(60%~)と1.79%という低金利があってこそ成り立つ支払計算になるのだと思われます。
なお、(これは確実ではないものの)ディーラによっては残価を更に底上げ(例えば75%とか)するケースもあると聞いたことがありますが、この辺りはディーラとの商談にて確認する必要がありますね。

なお、以下はランボルギーニHPに記載されている、低金利キャンペーン内容の案内内容を抜粋しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランボルギーニ 特別低金利のご案内(4月~6月)
ウラカンRWDクーペが「148,900円」から!

【開催日時のご案内】
2017年6月末までのご契約分。(2017年4月1日から6月30日までのご契約)
*新車:車両受注から12ヵ月後の同月末日までのご納車分。
 (例: 受注/ローン申込 = 2017 年4 月10日 → 契約書回収期限=2018 年4月末日)
*中古車:2017年12月末日までのご納車分。
*2017年12月末までにご登録可能な新車が対象。 

【開催場所のご案内】
ランボルギーニ青山(コーンズ 青山ショールーム)
〒107-0062 東京都港区南青山2-5-17
TEL:03-5413-2121
FAX:03-5413-2288

<営業時間>
月曜~金曜/10:00~19:00
  土・日・祝日/10:00~18:00
定休日:無休(年末年始は除く)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう