アストンマーティン「ヴァルキリー」の公式画像を公開。変態的なスタイリングで車重はトヨタ「アクア」よりも軽い模様

アストンマーティンのハイパーカーモデル「ヴァルキリー」が、オフィシャル画像にて公開に。
今回公開されている画像は、「ヴァルキリー」のほぼ生産モデルと言っても良く、昨年公開されたコンセプトモデルから更に発展・更新したスタイリングへと変化しています。

なお、今回更新されているモデルでは、フロントボディがアーチを描くような何とも変態チックなスタイリングをしており、このような常人では思いつかないようなデザインを担当したのがエイドリアン・ニューウェイ氏。
同氏は「今回の大きなデザイン更新により、フロントのダウンフォースのために大きな効果をもたらす」とコメントしており、何とも現実的とは思えぬスタイリングを実現。

スポンサーリンク

一方で、コンセプトモデルから大きく注目されていた「ヴァルキリー」のヘッドライトについてですが、F1からインスピレーションを引き出し、超軽量ヘッドライトを装備。
このヘッドライトには、陽極の酸化アルミニウムフレームが採用されており、これを設けることで、アストンマーティン史上最も軽量なヘッドライトを実現し、ラインナップされているアストンマーティンモデル(恐らく「DB11」)にある最軽量のヘッドライトよりも更に30~40%軽くなっている、とのこと。

ここで個人的に大きく驚いたのは、デザイナーであるニューウェイ氏が、アストンマーティンの伝統的なウィングロゴ(エンブレム)を「重すぎる」と指摘しており、「ヴァルキリー」にも引き継がれているウィングロゴは、たったの「70ミクロン」まで極薄に設計され、特別にエッチングされたアルミニウムバッジとして装着されているということ。
もちろん、70ミクロンという数値は「0.07mm」を指しており、一般的に細い髪の毛の太さの平均が「0.06mm」となっているため、それに近い薄さを実現させているわけですね。

ちなみに、アストンマーティンのデザイナーであるMiles Nurnberger氏によると「このヴァルキリーのデザインは95%完成している。しかし、ニューウェイ氏が更なるダウンフォース可能なデザインを見つけているため、もしかすると、更に非現実的なデザインになるかもしれない」と、コメント。

続いてインテリアですが、内装のほとんどがカーボンとアルカンターラというスパルタン仕様。

インテリアルームの居住性においては、非常に窮屈で乗りにくいような印象がありますが、アストンマーティン曰く「98%の成人が十分に確保できる居住性を持っている」とコメント。
それ以外にも、F1とル・マンレースカーを連想させた、特殊リクライニング可能な「フィートアップ」ポジションという技術も採用。

更に別の角度からのインテリアを確認していくと、ステアリングホイールの中央には、インフォメーションディスプレイが設けられ、中央には大型ナビゲーション、更にドライバーズシート側とパッセンジャーシート側にもナビゲーション画面が装着されていますね。
ちなみに、両サイドにあるナビゲーション画面は、サイドミラーレスのため、カメラにサイドとリヤを確認できるように設けられています。

なお、「ヴァルキリー」の注目のパワートレインについては、排気量6.5L V型12気筒エンジン+電気モータを搭載し、システム総出力1,130psを発揮すると噂されています。
ちなみに、車体重量はこれだけの変態チックなスタイリングと、V12エンジン+電気モータを搭載しておきながら、1,030kgというトヨタ「アクア」(約1,080kg)よりも超軽量モデルになるといわれています。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:やはりそう来たか。アストンマーティン「ヴァルキリー」が納車前に超高額にて転売されている模様

アストンマーティンのハイパーカーモデル「ヴァルキリー」の生産時期が2019年になったことを以前の記事にて公開しましたが、アストンマーティンCEOであるアンディ・パーマー氏が、このハイパーカーモデルに関して厳しくコメント。

それは、限定モデルやハイパーカーには必ず関係して来るであろう”転売”についてで、世界限定150台のみ生産されるこの個体は既に完売。

購入後に値上がりすることが確実となっている「ヴァルキリー」ですが、購入が確定したオーナーの中で、「まだ納車していないにも関わらずすでにドバイにて約10億円にて販売されている」ことが明らかとなりました。

これについて、アストンマーティン側は「ヴァルキリーの転売は一切許されない。転売の身元が確認された時点で違反と判断し、ヴァルキリーの所有権をはく奪」すると各オーナーに警告をしていることがわかりました。

これは、アストンマーティンが以前販売したレーシングモデル「ヴァルカン」を参考に新たに追加したもので、やはり「ヴァルカン」も転売目的で購入したオーナーが多く、既に中古車市場にて「ヴァルカン」の予約受付が行われていたということもあり、かなりの問題となっていた模様(もちろん、新車購入価格よりも高額)。

先日、「ラ・フェラーリ・アペルタ」を購入したにも関わらず、フェラーリ側から返品命令を下されたデイビッド・SK・リー氏のように、コレクションや投機目的で購入するオーナーに対して、メーカ側は「このオーナーはふさわしくない」と判断するケースが多くなってきていることから、今回のアストンマーティンの判断は賢明な判断と思われ、恐らく他社メーカも値上がりが予想できるであろう限定モデルの転売禁止対策をとっていくのではないかと考えられますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう