ホンダから遂に水素自動車が登場するとの噂?東京モーターショー2017にてデビュー予定

ホンダは、来年2018年の販売に向けて、水素自動車の開発を進めており、更には今秋開催予定の東京モーターショー2017にて、世界初公開されるとの噂が浮上しています。

ホンダのハイブリッドモデルや水素自動車向けの工場は、アメリカに建設されており、今回の新たな水素自動車技術が既存モデルに流用(新グレードとして発表)されるのか、それとも新たな新型モデルとして登場するのかは定かではないものの、Car and Driverのレポートでは、コンパクトモデルでの発表を行うとのこと。

スポンサーリンク

コンパクトモデルとは言いながらも、現時点ではトヨタ「MIRAI」のようなセダン型になるのか、「プリウス」のようなハッチバックになるのかも全く不明ですが、現在のSUV・クロスオーバー市場の人気の高さを鑑みると、ホンダはSUVのスタイリングで販売してくるのではないかと推測。
もし、そうなってくるのであれば、今現在の既存モデルで流用が可能となるのが「ヴェゼル」ですね。

もちろん、新たなモデルとして発表することもアリ(新たなホンダのブランド力を生み出す絶好の機会)だとは思いますが、「ヴェゼル」のブランド力と驚異的なコストパフォーマンスを考慮すれば、活気あるSUV市場に更なる一石を投じれる可能性は十分にあると考えたりします。

その一方で、ホンダは、ハイブリッドのラインナップを拡充するため、アコードハイブリッドのパワートレインを用いた「CR-V」PHEVモデルの開発も進められており、更には、「オデッセイ」のハイブリッドパワートレインをアキュラ「MDX」に流用する「MDXスポーツハイブリッド」も登場する可能性が高いとのこと。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう