アウディ「Q5」がリコール。サンルーフフレームの不具合により、カーテンエアバッグが開く恐れ有り

自動車ニュース”Response”の記事より、メルセデスベンツ「SLK/SLCシリーズ」がリコール。

リコールの内容としては、サンルーフフレーム部の整備作業において、サンルーフ部の排水口と排水ホースの組付が不適切な場合、雨水などが排水ホースを通じて車外に排出されないことがあるとのこと
そのため、車外に排出されない雨水などをカーテンエアバッグインフレータと接触している内装材位置決め用スポンジ(インシュレータ)が吸水。
そのままの状態で使用を続けるとインフレータが腐食し、最悪の場合、インフレータが破損して意図せずカーテンエアバッグが展開するおそれがあるとのことです。

スポンサーリンク

対象となるのは、2010年7月13日~2016年9月15日に輸入された「Q5 3.2クワトロ」「Q5 2.0Tクワトロ」「Q5 3.0Tクワトロ」「SQ5」「Q5ハイブリッド」の5車種で、1,156台がリコールの対象となります。

対策措置は、全車両、カーテンエアバッグのインフレータを確認しISI 社製インフレータを装着している場合は、インシュレータを取り外してインフレータ容器に腐食防止用ワックスを塗布。また、サンルーフ部の排水口と排水ホースの組付けが不適切な場合は、ホースを正しく組付けてインシュレータを取り外し、腐食防止用ワックスを塗布した新品のインフレータと交換するリコール作業を行うとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう