Powered By 画RSS

欧州メーカ >メルセデスベンツ/AMG

メルセデスベンツがとんでもない技術を公開。遂に3Dプリンタでメタルパーツを生成→旧車にも対応か

2017/08/06

メルセデスベンツは、世界初となる金属製スペアパーツを3Dプリンタにて生成し、厳しい品質保証プロセスに合格したことを発表。
3Dプリンタといえば、プラスチック生成が基本的な製造ベースとなっていましたが、メルセデスベンツはアルミニウムからパーツを3Dプリントし、プロセスの改善を繰り返して、ようやくウニモグ(多目的作業用自動車の略号法)のサーモスタットカバーを生成することに成功。

スポンサーリンク

今回公開したパーツは、あくまでも多目的作業用自動車専用の3Dプリンタ製品ではあるものの、今後メルセデスベンツやAMGといった一般車両にも展開されると予想され、最新車両はもちろんのこと、旧車・クラシックカーといったパーツの取得が難しい個体にも適応可能な最先端技術として重宝されると思います。

これについて、メルセデスベンツ・トラックの顧客サービス&パーツマーケティング&オペレーション責任者であるAndreas Deuschle氏も「ワークショップでのスペアパーツの入手は、個体が古いもの・入手しにくいもの関係なく、ユーザにとっては必要不可欠なもの。3Dプリンタ技術の特別付加価値は、スペアパーツやスペシャルパーツを製造する際に、スピードとフレキシブル性を大幅に向上させることができる。これにより、一連の生産が終了しても、ユーザがスペアパーツを希望すれば、迅速且つ魅力的な価格にて提供することができる」と、同様のコメントをしており、自動車業界の革命を引き起こすきっかけとして、更なる活躍を呼びそうですね。

Reference:CARSCOOPS

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >メルセデスベンツ/AMG
-,