ホンダ「NSX」に早くもハードコアモデル登場?ニュルにて、テスト車両が目撃に【動画有】

ドイツ・ニュルブルクリンクにて、ホンダ「NSX」のハードコアモデルと思わしき開発車両を捕捉。
2017年モデルとしてようやくのニュブルクリンク・ラップタイムの計測かと思いきや、現行よりも更にハイパワーになると思われる個体を現在開発中であることが判明。
新型「NSX」が2月末に発売してから、未だ半年も経過していませんが、かなり早いアクションのように感じられますね。

具体的にどの程度パワーアップするかは不明であるものの、パワートレインが大きく変更する可能性は低いとのことで、足回りの強化や外観の一部変更等、よりレーシングなイメージモデルになるのではないかと思いますね。

スポンサーリンク

なお、今回捕捉されている開発車両のニュルのラップタイムを計測したところ7分36秒という記録で、市販車両最速の記録となるランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマン」の6分52秒よりも44秒遅い結果に。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう