トヨタが来月の東京モーターショー2017にて、スーパースポーツモデルを発表。レクサスのFモデル並み?

トヨタは、来月の10月27日から開催する東京モーターショー2017にて、次期「スープラ」に続いて、レクサスのハイパフォーマンスモデル”Fシリーズ”に相当する新たなスーパースポーツモデルを発表するとの情報が入ってきています。

Automotive Newsの情報によると、トヨタは「よりエモーショナルな車をラインナップすることで、日本の自動車メーカが更に活気付けるようにしなければならない」としており、新型「スープラ」に加えて更なる高みを目指した個体が登場することを示唆している模様。

スポンサーリンク

ちなみに、トヨタは今年のスイス・ジュネーブモーターショー2017にて、ラリーベースのホットハッチモデル「ヤリスGRMN(Toyota Gazoo Racing Meister of Nürburgring)」を発表していますが、これに加えて更なる派生モデルも登場するとのこと。

また、2ドアクーペタイプの「MR2」も復活する可能性があるとのことで、もしかするとレクサス”Fシリーズ”相当のスポーツモデルには「MR2」の後継と思われる個体が登場する可能性も。

なお、今年の東京モーターショー2017は、各欧州・アメリカ等の有名自動車メーカが出展を辞退し、非常に閑散とした内容になる恐れがありましたが、マツダの新たなロータリモデル「RX-9」やトヨタ「スープラ」(「MR2」も?)、日産「フェアレディZ(Z390)」等、各社昔はスポーツカーの販売を渋ったメーカばかりがこぞって販売促進に勤しんでいる姿を見ると、「やはり日本ももっと頑張らないと生き残れない」という前向きな姿を見ることができますし、今こそ国産メーカの凄みを海外に知らしめる絶好のチャンスなのではないかとも思ったりします。

関連記事:マツダ「RX-9」やトヨタ「スープラ」、日産「フェアレディZ(390Z)」が登場予定の東京モーターショー2017。見どころはこれだけ?

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう