これは美しい、でも・・・韓国・起亜のコンセプトモデル「プロ・シード(Pro_Cee’d)」が遂にプレビュー

韓国の自動車メーカである起亜のデザイナーが、今月開催予定となっているフランクフルトモーターショー2017に向けて、最新コンセプトモデル「Pro_Cee’d(プロ・シード)」を発表する可能性がある、という記事を公開しましたが、今回新たにコンセプトモデルのサイドとフロントのプレビューが像が公開され、正式にフランクフルトモーターショー2017にてワールドプレミアすることがわかりました。

関連記事:韓国・起亜が新たなコンセプトモデル「Cee’d」をプレビュー。メルセデス「CLS」、ポルシェ「パナメーラ」を意識?

今回公開している「プロ・シード」のスタイリングを見てみると、やはりシューティングブレークモデルを採用しており、メルセデスベンツ「CLS」やポルシェ「パナメーラ」を意識したセクシー且つ美しさを持っていますね。
ただ、これについて起亜は「シューティングブレークモデルではない」と否定しており、「どちらかというと”拡張型ホットハッチモデル”だ」と表現(拡張型ハッチがシューティングブレークのような気もしますが…)。

スポンサーリンク

なお、「プロ・シード」のスタイリングを確認していくと、ルーフはフラットではなくリヤハッチに向けて緩やかに流れ、Bピラーレス、短いフロントのオーバーハング、20インチホイール、GTロゴ、独特のデザインキュー、非常に美しいラヴァ・レッドカラーペイント、そして現行モデル「スティンガー」をモチーフにしたフロントエンドを採用しているとのことですが、フロントエンドのグリル部についてはBMWのキドニーグリルが見えてしまうのは少々残念なところ。

ただ、フロントのヘッドライトは何とも個性的な起亜らしさを現した五眼LEDヘッドライトを採用しており、より一層の高級感が見られますね。
パワートレインについては、現時点では不明ながらも、ハイブリッドパワートレインやEVモデルとしての登場の可能性は低いとのことで、もしかすると、以前からテスト車両が捕捉されているジェネシス「G70」に近いV6モデルが登場するのかもしれませんね。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう