欧州メーカ >BMW

BMW「X7 iPerformanceコンセプト」がフランクフルトにて公開。やはり全てにおいて巨大サイズ

2017/09/13

BMWは以前、フランクフルトモーターショー2017開催前に、先行にて大型のフラッグシップSUVモデル「X7 iPerformanceコンセプト」を公開しましたが、今回改めて同モーターショーにて、コンセプト実車モデルが公開されました。
今回公開された個体のボディカラーは、ちょっと変わったブラウン系に近い色相で、フロントロアバンパー周りのアルミフレームはもちろんのこと、やはり話題となっていたキドニーグリルはとにかく"デカイ"の一言。

基本的にはストライプ形状となるキドニーグリルですが、グリル周りはメッキ加飾にて高級感を演出し、フロントのエアインテーク部はメッシュ(網目)タイプとデザイン性が異なり、こちらはスポーティさが演出されていますね。

スポンサーリンク

サイドから確認してみると、やはりそのサイズ感は圧倒的で、フラッグシップSUVモデルというだけあって、アメ車に負けないインパクトさとその一方でギリギリまで絞り込まれたスタイリッシュボディがセクシーさを強調していますね(フロントのオーバーハングは意外と短めなのが驚き)。
ちなみに、フラッシュフェンスのドアハンドルが採用されています。

足回りは、こちらもとにかく巨大でスポーク数の多いアルミホイールを装着。
サイズ的には21~22インチはありそうですね。

リヤデザインにおいても、リヤテール周りはブガッティ「シロン」やランボルギーニ「チェンテナリオ/ヴェネーノ」のような一本のセンターテールを設け、両サイドにはアローヘッド形状のリヤライトをデザイン。
恐らくウィンカーは点滅式だとは思いますが、個人的には(流れる)シーケンシャルウィンカーを採用してほしいところ。

インテリは非常にラグジュアリーな仕様となっています。
詳細は本日発表予定となっていますが、ツートーンレザーシートや木製のトリム、デジタル・インストルメントクラスター、iDriveインフォテイメント・システム、ステアリングホイール等、全てが近未来的なデザインとなっていますね。
なお、シート数は3列シートの7席になると思われますが、6席タイプのラグジュアリーパッケージも準備される可能性もあるとのこと。

パワートレインについては、明らかになっていないものの、電気モータと9.2kWhリチウムイオンバッテリーパックにてバックアップされた直列4気筒ターボチャージャーモデルとなる「740e iPerformance」のようなプラグインハイブリッドモデル。
ガソリン仕様としては、排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力335psを発揮するモデルと、更なる上位グレードの排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載した最高出力445を発揮するガソリンモデル、そしてディーゼルモデルでは「X7 xDrive 40d」といった個体も登場する可能性がありそうです。

関連記事:BMWがフランクフルトモーターショーにて大型SUV「X7 iPerformanceコンセプト」を公開。直4ターボのPHVモデルも登場か

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >BMW
-, , , ,