トヨタ・新型「スープラ」の量産イメージ画像がまたもや公開に。リヤウィングを装着し、より非現実的に

トヨタの新型モデルとして登場が期待される「スープラ」。
先日まで開催していた東京モーターショー2017には出展されなかったものの、今現在もなお開発車両がテスト走行を行い、徐々にデザインやスタイリング等が明らかとなってきましたが、今回も新たなに量産モデルをイメージしたレンダリングが公開されています。

「スープラ」の量産イメージレンダリングは、以前にも「スープラ・MKVフォーラム」のメンバーによって作成されており、「FT-1コンセプト」やこれまで捕捉されてきた開発車両のデザインをモチーフにし、更には公道での使用に適したデザインレンダリングとして公開。
今回も「スープラ・MKVフォーラム」によって作成され、上記を適用したデザインレンダリングとして作成されているとは思いますが、以前よりも更にアグレッシブに変化しているように感じます。

スポンサーリンク

ちなみに、今回公開されている最新レンダリングは、やはり「FT-1コンセプト」をベースとしており、ホイールベースを若干短くし、更にエンジンをセンターに寄せることでフロントミドシップ化。
※以下のレッドカラーの「スープラ」は前回の量産イメージレンダリング。

フロント・リヤフェンダーともにオーバー気味に張り出しておりワイド&ローへと変化。サイドミラーの形状もよりスリムになっていますね。
フロントエンドのデザインについても若干の変更が加わっており、3点式のダクトは設けられているも、ボディカラーと異なるブラックのツートンにすることで輪郭に引き締め効果を与え、よりスポーティな印象へと変化(ランボルギーニ「アヴェンタドール」から「アヴェンタドールSV」のような顔つきに変化したイメージ)。
CFRP製の大型リヤウィングが装着しているところもポイントですね。

なお、新型「スープラ」は、BMW「Z4」の後継モデルと同じプラットフォームをベースとしており、トランスミッションはATとMT、駆動方式は後輪駆動(FR)のみが設定されるとの情報も。
パワートレインにおいては、現時点で判明しているのは直列4気筒エンジンを搭載の250ps仕様、V型(直列の可能性も?)6気筒エンジンの360ps仕様の2種類とのことです。

関連記事:トヨタ・新型「スープラ」の量産イメージ画像が公開に。少し丸みを帯びるもやはりスポーティな印象

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう