あの中東から生まれた4,500馬力超えのデヴェル16が遂に5,000馬力を突破。トルクは5,280Nmを発揮【動画有】

以前、16気筒のエンジンを搭載するハイパーカー達9選に関する記事を公開した際、中東が開発した「最高出力5,000psを発揮する」とふれこみで謳っていた究極のハイパーカー「デヴェル16」ですが、この個体に搭載するエンジンの出力テスト中にようやく5,000psを超えたことがわかりました。
「デヴェル16」は、排気量12.3L V型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力5,070ps、0-100km/hの加速時間は1.8秒、最高時速563km/hと、もはや車の域を超えたハイパーカーとして公表されていましたが、実際に発揮していた力は約4,500psと公表値よりも500psも低かったことも。

スポンサーリンク

ただ、今回のdyno走行による出力テストを実施したところ、最高出力は5,007ps、最大トルク5,280Nmを発揮するというとんでもない値をたたき出し、事実上世界最強のパワーを誇るロードカーになりそうですが、実際に市販化されるかどうか不明ですし、この個体に保証が設けられるかどうかも不明となっています。

なお、同車は2013年のドバイ国際モーターショーにて、2015年に約1.5億円にて販売することを計画しているとコメントしていましたが、もちろん未だ販売されておらず。
少なくともこれだけのスペックを要し、おまけにデザインはパッと見はランボルギーニ「ヴェネーノ」風。最低でも3億円に到達しそうな一台ですが、今後本当に前向きに販売されるのかどうか非常にきになるところではありますね。

関連記事:16気筒エンジンを搭載した車たち9選。ぶっ飛んだスペックとサウンドはまさに異次元【動画有】

【5,000+HP Quad-Turbo V-16】

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう