ホンダのベイビーNSX「スポーツ・ヴィジョングランツーリスモ」が登場。車体重量899kg、400馬力以上を発揮

ホンダとグランツーリスモの特別コラボ企画として、ホンダのハイブリッドスーパースポーツ「NSX」のベイビーモデル版となる「スポーツ・ヴィジョングランツーリスモ・コンセプト」を発表しました。
この個体は、実際にホンダによって設計されたコンセプトモデルで、基本的にはデジタル形式(現実世界では登場していない)にて登場モデルとなりますが、流体シミュレーションの実施や風洞テストを行うべく、実際にフルスケールモデルを製造していく計画も進めています。

スポンサーリンク

今回公開されている「スポーツ・ヴィジョングランツーリスモ・コンセプト」の車体重量は、上述にもある「NSX」の半分、更にに旧世代の「S2000」よりも3分の1となる899kgを実現した超軽量モデルで、その多くはカーボンファイバ製パーツを多用したことにあるとのこと。

外観としても、やはり「ベイビーNSX」というだけあって、現在のホンダのスポーツモデルのデザインを多く取り入れながらも、空力抵抗を最大限に抑えるために引き締められた複雑なボディラインが何ともセクシー。
フロントライトやリヤテールランプはシームレスな一本線のみのライトではなく、複数の小型LEDが集約した複雑な構成となっているのも、コンセプトモデルならではですね。

シートは基本的に2シータ構成。
インテリアは非常にタイトな造りとなっていますが、センターコンソール付近にカーボンファイバパーツを流用しながらも、メタル調を強く意識しているようにも感じられますね。
ステアリングは、明らかにF1を意識した独特の形状を持っています。

パワートレインについては、「シビック・タイプR」と同様に排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力は何と400psを発揮。トランスミッションは8速ATデュアルクラッチトランスミッションを搭載します。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう