米国メーカ >サリーン

何と。元SMAP木村拓哉 氏のサリーン「S7」が中古市場にて販売中・価格は約6,000万円也

アメリカの自動車メーカでありながら、主にフォードのチューニングを手掛けるチューナでもあるサリーンのトップレンジモデル「S7」2005年式が日本国内の中古車ディーラ・ウィングオートにて販売中。
こちらの個体、日本の国民的トップアイドル・元SMAPの木村拓哉(キムタク) 氏が所有していた個体とのことで大きな注目を集めています。

スポンサーリンク

今回、中古車市場にて登場しているサリーン「S7」は、2005年を機にマイナーチェンジが施されたハイパフォーマンモデルとなっていて、そのパワートレインは、排気量7.0L オールアルミ製V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力760ps/6,300rpm、0-100km/hの加速時間は2.8秒、最高時速399km/hにまで到達します。
ちなみに、翌年の2006年には「コンペティションパッケージ(S7R)」のレース用オプションが登場しており、これにアップグレードすると最高出力は760ps→1,000ps、最高速度は399km/h→420km/hと驚異的なスペックを発揮することとなります。

ボディカラーは、何とも色鮮やかなメタリック系と思われるレッドで、ホイールはセンターロック式となるフロント19インチ×9.5j、リヤ20インチ×12.5jの鍛造タイプ。
タイヤはミシュラン製パイロットスポーツPS2を装着し、フロント275/30 ZR19、リヤ345/30 ZR20という極太仕様となっています。

足回りのサスペンションについても、通常の「S7」よりピックアップポイントの変更を含むシャシーコンストラクションの補強とボディのリシェイプにおるエアロダイナミクスの改善も行われているとのことで、これによるスペックアップのバランスをうまく両立しています。

あまりマジマジと見たことの無かったサリーン「S7」のリヤデザインですが、どことなくフェラーリ風に見えなくもないですが、リヤテールは2眼、マフラはセンター寄りでクワッドツイン出しとなっています。
ちなみに、「S7」のアメリカンマッスルの中でも圧倒的なパワーを誇る一方で、安全性や環境性能、製造品質においてNHTSA(合衆国道路交通安全委員会)が定めるFMVSS(連邦自動車安全基準)とEPA(環境保護局)が定めるカリフォルニア大気汚染法を難なくクリアしています(意外にも硬派なチューニング)。

内装は何ともアダルティ且つライトなキャメルカラーで、カーボンファイバパーツに頼らない硬派なデザインとなっています。
本革レザーを使用したシートのコンディションもしっかりとしており、汚れもほとんど見られませんね。
なお、気になる中古車市場価格は約6,000万円(新車販売価格は約9,000万円)と意外にも低めにて設定されています。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ, >サリーン
-, , , ,