クロームラッピングのランボルギーニ「アヴェンタドール」が、カプリストのエキゾーストシステムで火を噴くドラゴンに【動画有】

元々ブラックカラーに身を纏っていたランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドールLP700-4」に、クロームシルバーとゴールドのアクセントのカラードラッピング処理を加えた個体が登場。
海外においては、カラードラッピングを施すスーパーカーが多く存在しますが、その中でもナゼか「アヴェンタドール」に関してはクロームゴールドないしはシルバーの”フルラッピング”がよく見受けられますね。もしかすると、複雑な造形をしているわりにはフルラッピング施工しやすいフォルムなのかもしれません。

スポンサーリンク

ラッピングだけではなく、パフォーマンス面でもカスタムが施されているクロームカラーの「アヴェンタドール」ですが、アフターマーケットのカプリストによるエキゾーストシステムを大幅に強化し、以下の動画の空ぶかしではまるでドラゴンの炎のようなアフターファイヤを吹き出していますね。
これにより、走行性能面の強化にはつながっていないものの、エキゾーストの抜けが向上することで多少なりとも加速性能においては10分の1程度短縮されている模様(0-100の加速時間が3.0秒→2.9秒ぐらい?)。

【Lamborghini Aventador LP700-4 SPITTING FLAMES!】

ちなみに、エキゾーストシステムを強化したことによるホットなニュースとしては、これまで無敗を貫いてきた純正仕様のマクラーレン「720S」が、上記システムを変更したチューニングモデルの「720S」とドラッグレースバトルを実施したところ、見事にチューニングモデルが勝利。
結局のところ、無敗の王者となっているのはマクラーレン「720S」であることは間違いないのですが、これはこれで衝撃的な展開ではありましたね。

関連記事:ドラッグレース無敗の帝王・マクラーレン「720S」が遂に陥落。その敵はまさかの「720S」だった件

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう