Powered By 画RSS

スーパーカーメーカ >ランボルギーニ

ちょっとやり過ぎ?ランボルギーニ「ウルス」をSV風にしたら?というレンダリング等が公開に

先日発表されたばかりのランボルギーニのSSUVモデル「ウルス」のレンダリング画像が早くも公開に。
早速登場したのは、ランボルギーニのハイパフォーマンスモデルでも有名な「アヴェンタドールSV(スーパー・ヴェローチェ)」をモチーフにした「ウルスSV」。
元々フロントデザインが複雑すぎる「ウルス」ですが、今回公開されているレンダリングでは、エアインテーク周りがマットカーボンによるツートンカラーにてメリハリを付けるも、エアインテーク面はシンプルなメッシュタイプへと変化していますね。

リヤクォーターパネルには、やはり定番のビッグ"SV"ロゴステッカーが貼付。ステッカーであれば約50万円、ペイントであれば100万円のオプション費用が発生といったところでしょうか。
ルーフはブラックペイントないしはCFRPによる軽量カーボン仕様、もちろん"SV"モデルということでカーボンファイバ製の大型リヤウィングももれなくついてきます。
ホイールは、ハイパーフォージド製と思わせるスポーク数多めのマットブラック処理の鍛造アルミホイールを着用していますね(これにイエローのブレーキキャリパカバーの組合わせは何ともグッド)。

こちらがノーマル仕様のランボルギーニ「ウルス」のフロントエンド。

Reference:autoevolution

スポンサーリンク

続いては、同車のモンスタートラックモデルをイメージしたレンダリング画像。
ある意味面白みのある約2,000万円超えのSSUVですが、驚異的なハイリフトにより最低地上高さは248mmにまで上昇し、オフロードに適した一台に。
ホイールサイズはおそらく18インチもあれば十分と思われますが、タイヤの扁平率はホイール一本分といったところでしょうか。
迫力は相当なものがありますが、これはこれで好みのデザインだったりします。

ちなみに、以下がノーマル仕様の「ウルス」。
こうしてみると、ノーマルの「ウルス」が非常に落ち着いて見えますね。

 

After a long wait, the #Lamborghini #Urus is here #latetedanslecul

latetedansleculさん(@latetedanslecul)がシェアした投稿 -

 

#lamborghinidesigndna #thenewbull #lamborghini #urus #carpassion #nicetomitja

Mitja Borkertさん(@mitjaborkert)がシェアした投稿 -


関連記事:ランボルギーニのSSUV「ウルス」が遂に世界初公開。650馬力発揮、価格は2,400万円から

Reference:autoevolution

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ
-, , , , , ,