イギリスにて、珍しいブルーのフェラーリ「458スペチアーレA」が駐禁&無保険でレッカー行きに。ドライバは何と…【動画有】

イギリス・ロンドンにて、世界限定499台のみの希少モデルで、更には何とも珍しいブルーカラーのフェラーリ「458スペチアーレ・A(アペルタ)」が駐車禁止区域にて無断駐車し、そのままレッカー処理されることに。
こちらの個体、以前からロンドンの街中にて無断駐車するケースが多かった”問題車両”とのことで、過去にも何度か警察から注意喚起を受けていたとのことですが、再三にわたる無断駐車が続いてしまったとのことで、遂にレッカー処理によって強制没収されることになりました。

スポンサーリンク

「何とも自分勝手なオーナーだなぁ」と思っていたら、実はこの「458スペチアーレA」は、オーナーが運転していたのではなく、オーナーの父親が勝手に持ち出して、幾度も路駐禁止エリアで無断駐車していたのだとか。しかも、新たな別問題としてこの個体は保険未加入であったことも発覚しています(無保険であれば押収されても仕方がない)。
オーナーの父親曰く「これだけの特別なモデルなら何をしても許されると思った」等と話していますが、そんな言い訳が通じるはずもなく、後日罰金を支払うことに。

確かに、スーパーカーを所有するともなれば、気持ちが高揚してしまい(希少な限定モデルともなれば尚更)、特別な扱いを受けそうな感覚に陥るのかもしれませんが、大事な息子の車で、しかも大の大人がこのような恥ずかしい行為をすることは、どんな車であろうとやってはいけないことですし、何よりもこれだけの特別な車が悪い意味で目立ってしまうことが悲しいですね。

【LONDON POLICE SEIZED A 458 SPECIALE APERTA!】

Reference:Zero2Turbo

実はランボルギーニ「アヴェンタドール」も同じ末路を…
関連記事:大丈夫?違反駐車のランボルギーニ「アヴェンタドール」のレッカー移動がかなり粗い件【動画有】(2017/6/5投稿)

イギリス・ロンドンにて、路上駐車されているランボルギーニ「アヴェンタドール」が駐車違反でレッカー移動されることに。
ただ、そのレッカー移動の進め方が空中につり上げて移動するという不安定な方法で、しかもその取扱いがかなり荒っぽく、見ていてヒヤヒヤしてしまいます。

作業員は、ランボルギーニ「アヴェンタドール」の価格が4,000万円以上する車とわかって行っているのかは不明ですが、ロンドンでは、こういった高級車両(「ラ・フェラーリ」やブガッティ「ヴェイロン」までも)の違反駐車が非常に多いため、あまりこの個体に対して特別視していないのかもしれないですね。

【Flying Lamborghini Aventador: IMPOUNDED!】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう